【ニュース】クラウドファンディングで「公道走行も可能なイタリア製EVレーシングカー」の資金募集中

predator-single-seat-ev-2-1

 

 

この記事の要約

 

1. F1レーシングカーを押し潰したように見えるこのクルマは、伊エゴイスタ・モーターズの「EM01ストラダーレ」という公道走行も可能なハイブリッドまたは電動のレースカーで、現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」によって開発資金を募集している。

 

2. 組み立て済みの完成車としてオーダーすると、EV仕様は1万6,000ユーロ(約235万円)から、ハイブリッドは2万ユーロ(295万円)からとなっている。

 

3. このキットカーは、”各国の公道で走ることができる”という触れ込みだが(”各国”の意味するところは厳密に言ってどこを指すのだろうか? 米国でこのEV車の走行が認可されることは、まず不可能だろう)、公道で走れるようにするには、少なく見積もっても10万ドル(約1,200万円)の資金が必要となる。

 

 

クラウドファンディングは、公道走行を可能にするかもしれないハイブリッド/電動のレースカーの希望の光となっている。

 

引用元 はこちら。

公道走行も可能なイタリア製EVレーシングカー、クラウドファンディングで資金募集中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.