クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

キックスターターを始める際に大切な7つの会計アドバイス

2015年9月7日

はじめに

 

もしあなたがお金を借りる際に、事業ローンに対して抵抗を感じているのなら、キックスターターのような代案を検討するべきだ。

 

クラウドファンディングは起業や小規模ビジネスの強力な代替資金源になりえる。

 

しかしキックスターターに登録し、キャンペーンを立ち上げる前に、支出と収入の会計方法と事業資金源としてのクラウドファンディングの税務上の扱いを知っておくことが肝要だ。

 

キックスターター・キャンペーンからの収入を正確に記録して申告するために習慣化するべきアドバイスを下記に記載した。

 

 

1.事業用資金と個人用資金を分ける

 

クラウドファンディング・キャンペーンを検討しているあなたならすでに実行済のはずだが、万が一そうでないなら改めよう。それがどんなファンドだろうが、どんな意義深いビジネスだろうが、事業と個人の財源は絶対分けておかねばならない。

 

たとえあなたが個人事業主で、事業を法人化していなくても、事業用と個人用で別々の銀行口座とクレジットカードを持つべきだ。最初にこの基本的線引きをし損なうと、やがて会計上で最悪の事態を招くことになるだろう。

 

 

2.目標と報酬レベルを設定する

 

キャンペーンを正式に立ち上げる前に、キックスターター・ファンドの税務上の取り扱いを知っておこう。

 

税金はキャンペーンの純収入に影響する。商品開発に必要な資金を確実に得るためには、必要税額をファンドの目標総額に組み込む必要がある。

 

キックスターターは正確には商店ではないので、そこから生じた資金は課税所得とみなされる。これについては後ほど詳しく触れるが、さしあたりあなたは受け取るすべての資金に対して、所得税と大抵の場合売上税を払わねばならないということだ。正確な所得および売上税率は住んでいる場所を含めいくつかの要因で変わってくるので、税率がいくらになるかは税理士に相談しよう。

 

州税と連邦税率を見積もったら、ファンド目標総額と報酬レベルに上乗せするパーセンテージを考えよう。もし確信が持てなければプロジェクトに必要な総額を算出し20%を加えるといい。そうすれば税金関連の支出を補う十分なマージンがとれるだろう。

 

 

3.キックスターターの支援金を記録しよう

 

キックスターター・キャンペーンの支援金を正確に記録するのは若干難しい。先払いされた商品を届けるまでそれは正味資産ではないし、正確には収入でもない(IRS: International Revenue Serviceには収入として課税されるが)。

 

支援者はあなたがいずれ届ける予定の商品に対して支払いをするが、その商品は届く予定なので、実際にはいくらかの返金もされない。つまり事業貸付でもない。

 

 

理想は、税理士と一緒にキックスターター資金をどう記録するかを決めることだ。もし予算の都合で自分で会計するのなら、もっとも安全な方法は支援金を不労所得として記録することだ。キャンペーン時の誓約を達成した暁には、それらを労働所得へ動かせる。

 

しかし、そういった出来事はすべて記録しよう。最も重要なのは、どんな支援金を受け取ったか、誰から受け取ったのかをしっかり記録しておくことだ。この情報は税金の申告にも、キャンペーン報酬を積算し目標を確実に達成するためにも必要になるだろう。

 

 

4.プロジェクト関連の支出を記録しよう

 

支援金の記録に加え、キャンペーンの誓約に関わる支出はどんなものでもすべて記録しておこう。これは支援者への返礼品や、プロジェクト実行にかかる多くの支出を含む。

 

事前に、プロジェクトにかかる支出の見積に必要なリサーチをし、コストをなるべく具体的にしておこう。この情報は支援者に彼らのファンドの行き先を知らせるためだけでなく、減税対象となる支出を申告する際にも役立つ。

 

プロジェクトに関わる全支出の請求書、領収書、記録は保管しておこう。税理士やIRSの監査の際、減税が正当と見なされるためにも、この情報は必要となるだろう。

 

 

5.納税者証明をstripeに提出しよう

 

2015年1月、キックスターターはキャンペーンで行なわれた第三者の支払い扱いをAmazonからstripeに変更した。Amazonが納税者証明の情報提供を直接要求していたのに対し、Stripeはキックスターターと共同で動きすべての納税者証明情報を会計目的で収集する。

 

だから一旦キックスターター内のアカウントポータルで“アカウント情報”の部分を完成させれば、Stripeが収入をトラックし、あなたに代わりIRSの1099-Kフォームを自動的にファイルする。

 

IRSの規則で計2万ドル(約240万円)以上の支援金を受け取る場合、あるいはキャンペーンに200以上の個別寄贈がある場合のみ1099-Kフォームは記載される。

 

 

6.米国政府と精算しよう

 

オンライン投機とは反対に、Stripeが1099-Kフォームをファイルする基準額2万ドルに到達しようがしまいが、あなたはIRSに所得税を支払う義務がある。

 

ありがたいのは、誓約を満たすまではこれらの税金を払う義務はないということだ。誓約を果たした時点で、ファンドは労働所得となる。が、それと同様にそれまではプロジェクト経費の控除は一切請求できない。

 

ただ、あなたがキックスターターの総収入とプロジェクト経費を明確に記録している限り、プロジェクトにとって利益か損益かの判断は容易だし、どの税金を払う必要があるかも判別ができる。

 

 

7.売上税を申告しよう

 

処理しなければならないのは所得税だけではない。あなたが売上税のある州に住んでいるなら(アラスカ、モンタナ、ニューハンプシャー、オレゴン以外の全て)、州内の支援者に関して売上税も支払う必要があるだろう。

 

所得税と売上税の大きな違いは、売上税は売り上げ時点で発生するということだ。所得税と違って、売上税の支払いはプロジェクト終了を待つ必要はない。誓約達成までは自分の州の税務局ウェブサイトに4半期ごとにアクセスし、いくら支払う義務があるかを申告する必要がある。多くの州ではウェブ上で年4期の分割払いができる。

 

売上税が適用されるのは州内の支援者だけとは言え、売上税によってファンド総額を削られるのは明らかだ。よって州売上税率を報酬レベルとファンド目標総額の両方に組み込んでおこう。

 

他の会計・税金絡みのブログと同様に、これはあなた個人の税金アドバイスではない。キャンペーンの立ち上げ前に、ファンドの記録と申告のため法的に何が必要か正確に知るためにも、あなたのビジネスモデルとキャンペーン構造についてプロの会計士に相談しよう。

 

 

引用元はこちら。
http://www.entrepreneur.com/article/246835

※ 文中の金額は2015年8月28日現在のレートで換算

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 成功法則

クラウドファンディングにおける7つのソーシャルメディア戦略

はじめに     もしあなたがクラウドファンディング・キャンペーンを始めるのなら、時間をかけて詳細なソーシャルメディア戦略を立てることをお勧めします。   そうすることでクラウドファンディングのメリットを最大限にし、より…

  • 成功法則
  • 概況報告

クリエイターたちはどのようにKickstarterを知るのか

はじめに   クラウドファンディングやKickstarter、クリエイティビティについて考察するために、フォーラムのメンバーに意見を聞くのは大変楽しいものです。   前回の調査では「どうやってKickstarterやクラウドファン…

  • 概況報告

【概況報告】クラウドファンディングとは? ー3分で分かるクラウドファンディングの基礎知識ー

クラウドファンディングとは   簡単に言うと、やりたいことがある人に対して、お金の支援をインターネット上で行うことである。     Wikipediaの記述   ○クラウドファンディングについて   「クラウド…

  • 成功法則

【海外】プロジェクトに成功した9つの会社から学ぶ、資金調達の隠されたヒント

  はじめに   コンシューマー・エレクトロニクス・ショーは毎年一月にラスベガスで開催される世界各国から集まる会社の最新商品を発表するショーである。 CrowdCruxのBrian Wongはここに参加しているクラウドファンディン…