クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

海外のクラウドファンディングコンサルタントが語る、6つの成功の秘訣とは?

2015年11月21日

 はじめに

 

海外には、クラウドファンディングを支援するコンサルタントが存在する。日本と比べ、クラウドファンディング市場規模が大きいこともあり、成功ノウハウが蓄積されてきている。

 

そのコンサルタントへのインタビューから、6つの成功の秘訣が明らかとなった。

 

 

1.「“ソーシャルメディアでの関係性構築” が何よりも重要」

 

91

 

Q実際、 クラウドファンディング・キャンペーン参加者のうちたった30〜40%しか資金調達に成功していない。それはなぜか?

 

A  それは、彼らにキャンペーンがフルタイムの仕事で、キャンペーンを成功させるためには“ソーシャルメディアでの関係性構築” が何よりも重要だという認識が欠けているからだ。中には、クールなビデオを作るだけでお金が集まると勘違いしている人さえいる。

 

ソーシャルメディアで信頼関係を構築するには莫大な時間がかかり、そのための勉強が必要だ。プロジェクトの企画が無料ということでこの点を見落としている人が多い。

 

また、ソーシャルメディアでの関係性構築にはテクニックも必要だ。それはブロガーやインフルエンサーたちにリーチするテクニックでもある。

 

 

2.「多くの人に再生されるビデオを作ることが非常に重要」

 

92

 

Q これまで携わった中で興味深かったキャンペーンや、KickstarterやIndigogoの収益環境など、そこで学んだことは?

 

A 何より多くの人に再生されるビデオを作ることが非常に重要ということ。それは3分以内でクオリティが高いもので、見た人に何をしてほしいのか、しっかりとその行動を促すものでなければならない。

 

クラウドファンディングキャンペーンにおいて最も、重要なのは見た人に“share”ボタンを押してもらうことだ。 キャンペーンの意思がもっと大きなネットワークに繋がるように。

 

 

3.「もっとも重要な作業は、それぞれの段階でキャンペーン成功のために必要なチームメンバーを集めること」

 

93

 

Q 具体的にどうクリエーターのクラウドファンディングを手伝っているのか?

 

A それぞれのキャンペーンのマネージメントを担当することが多いが、マーケティング戦略を立てたり、個別のプランを組み合わせたりもする。彼らは会社ではなく個人であることも多いので、もっとも重要な作業は、それぞれの段階でキャンペーン成功のために必要なチームメンバーを集めることだ。

 

特にビデオ制作には、ちゃんとした事前準備と、彼らがしようとしていることを理解しているプロのスタッフが必要となる。この正しい人材選びはお金もかかり難しい作業だ。だから我々がここ最近力を入れているのは、必要な段階で必要な人材を提供できるチームを作り上げることだ。

 

これがソーシャルメディアに参入した時、多くの人々の関心を集め、キャンペーンに積極的に参加する人々を増やす重要な鍵になる。

 

 

4.「ネットワークの場として見逃しがちなのがGoogle+コミュニティ」

 

94

 

Q 確かに、facebookのプロジェクトやビジネスページなどで、“いいね” マークはそのコミュニティの質と規模が分かる。他に言えることは?

 

Aまた多くの人が、ネットワークの場として見逃しがちなのがGoogle+コミュニティだ。テクノロジー系でも特定のトピックでそのジャンルに興味のある何千という人が集まり、ビデオゲームに至っては100万人単位だ。

 

 

5.「InkyBeeとBuzzsumoはオススメ」

 

95

 

Q  デジタルマーケティング、ソーシャルメディア、ビデオ制作とクラウドファンディング・キャンペーンのためには学ばねばならないことが多すぎる。これらを手早く学ぶ方法はあるか?

 

A InkyBeeとBuzzsumoはオススメだ。InkyBeeは自分が求めるジャンルのブロガーやtwitterを探し、情報を提供するのに役立つし、その情報がどれくらい活用されているか知るのにも優れたソフトウェアパッケージだ。

 

もう一つのBuzzsumoは、KickstarterやIndigogoのキャンペーン比較や、流行りのキャンペーン傾向などの情報が充実していてマーケティング戦略を立てるのに役立つ。

 

ただクラウドファンディング自体を成功させるのに近道というものはない。何度も言うように、それはフルタイムの非常に労力を要する仕事だ。

 

ただ、財政的な対策に関しては、いまやクラウドファンディングに優れたコンサルタントは多くいるので、まずは彼らに相談してみることをオススメする。

 

 

6.「キャンペーンの6ヶ月前にはソーシャルメディアを立ち上げてほしい。」

 

96

 

Q 最後に、これからクラウドファンディングを始めようしている人へのメッセージを。

 

A まず、キャンペーンの6ヶ月前には自分のソーシャルキャピタル(社会的な人間関係)を構築するためのソーシャルメディアを立ち上げてほしい。

 

次に、あなたが知らないかもしれない人々とのソーシャルキャピタルをブロガーやオピニオンリーダーのfacebook、Google+、twitterを通して構築する。

 

最後に、この関係を現実の関係性へと移行していく。あなたが助けることができる人々が、さらに彼らが助けることができる大きなネットワークに繋げてくれるかもしれないからだ。こうした現実レベルでの関係性の構築というのが、私がクラウドファンディングというフィールドで発見した何よりも重要な要素だ。

 

引用元はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 成功法則

あなたのクラウドファンディングキャンペーンを拡散させる3つのポイント

はじめに   あなたはこのタイトルを見て「あなたは本当に何かを拡散させるなんてできるの?」そう思うことでしょう。   正直にいいますと、これにはかなりの運が必要です。   あなたは正しい戦略をとり、正しいメッセージを使用…

  • 成功法則
  • 概況報告

キックスターターを始める際に大切な7つの会計アドバイス

はじめに   もしあなたがお金を借りる際に、事業ローンに対して抵抗を感じているのなら、キックスターターのような代案を検討するべきだ。   クラウドファンディングは起業や小規模ビジネスの強力な代替資金源になりえる。   し…

  • 成功法則

10万のクラウドファンディングプロジェクトが明らかにする7つの統計データ

はじめに       もしもあなたがクラウドファンディングを実行に移す場合は、時間をかけて覚悟をしたはずなので、夢を実現する準備は整っているでしょう。   クラウドファンディングでは、お気に入りバンドの最新アル…

  • 成功法則

クラウドファンディングキャンペーンを成功させる8つのポイントとは?

はじめに   最近では起業の助けを得るために、クラウドファンディングを使う人々の数が増加の一途をたどっています。     ○アメリカ・イギリスのクラウドファンディング事情   クラウドファンディングという言葉を…