クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【ニュース】クラウドファンディングで「公道走行も可能なイタリア製EVレーシングカー」の資金募集中

2015年1月11日

predator-single-seat-ev-2-1

 

 

この記事の要約

 

1. F1レーシングカーを押し潰したように見えるこのクルマは、伊エゴイスタ・モーターズの「EM01ストラダーレ」という公道走行も可能なハイブリッドまたは電動のレースカーで、現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」によって開発資金を募集している。

 

2. 組み立て済みの完成車としてオーダーすると、EV仕様は1万6,000ユーロ(約235万円)から、ハイブリッドは2万ユーロ(295万円)からとなっている。

 

3. このキットカーは、”各国の公道で走ることができる”という触れ込みだが(”各国”の意味するところは厳密に言ってどこを指すのだろうか? 米国でこのEV車の走行が認可されることは、まず不可能だろう)、公道で走れるようにするには、少なく見積もっても10万ドル(約1,200万円)の資金が必要となる。

 

 

クラウドファンディングは、公道走行を可能にするかもしれないハイブリッド/電動のレースカーの希望の光となっている。

 

引用元 はこちら。

公道走行も可能なイタリア製EVレーシングカー、クラウドファンディングで資金募集中

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外プロジェクト

【ニュース】クラウドファンディングKickstarterに、Dropboxが使えるワープロ「Hemingwrite」が登場

  この記事の要約   1. パソコンは3年も経てばただのゴミ、タイプライターは20年経っても現役。   2. OSやソフトのバージョンに依存するパソコンは数年経てばお払い箱だが、 タイプライターは紙とインクさえあれば何…

  • 海外プロジェクト

【海外】キックスターターで飛躍的に資金調達した6つのプロジェクト

  はじめに   2015年1月、以下の6つのプロジェクトはここ数日のキャンペーンで併せてトータル42万ドル以上もの資金調達を行った。     1.Tiny Epic Galaxcies-The Univers…

  • 海外プロジェクト

2015年を振り返る、最も成功した10のクラウドファンディング・キャンペーンとは?

はじめに   このような夢のあるビッグプロジェクトは、かつてプロの投資家やハイリスク・ハイリターンでベンチャー企業に投資するベンチャーキャピタリストから資金を集めていました。   ですが、IndiegogoやKickstarter…

  • 海外プロジェクト

【ニュース】クラウドファンディングに、モダンなアナログ腕時計と見せかけたスマートウォッチ「nevo」登場

    この記事の要約   1. ただいま資金募集中!モダンなアナログ腕時計と見せかけてスマートウォッチスマートウォッチ「nevo」。   2. 発売時の希望小売価格は199.99ドル(約2万3900円) スマ…