クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】2014年が終わり、今後のインドのクラウドファンディングに何が起きるか?

2015年1月21日

crowdfunding_india_2015

 

この記事の要約

 

1.インドでは昔からクラウドファンディングの下地と言える文化があり、とりわけクラウドファンディングが新しい現象というわけではない。多くの産業や映画が大衆や小口投資家によって支えられてきた歴史がある。

 

2. クラウドファンディングは近年急成長を遂げ、多くの経済効果、雇用を生み出している。SEBI(Securities and Exchange Board of India)は公平な競争の為に新たな規制を提案し、投資家もファンド・プラットフォームの登場で投資を加速させようとしている。

 

3.芸術活動に関する事業や地方自治体や社会全体に働きかけるソーシャル・クラウドファンディングも登場し、多くの新規事業が投資を募っている。メディアでも大きく報じられるようになり、クラウドファンディングの知名度、普及度は上昇している。

 

4.Fintech企業によって新たなビジネスモデルが模索され、新規事業の市場調査としてのクラウドファンディングへの考え方が登場し、クラウドファンディングは単なる投資募集の手段ではなく、社会全体に影響を与えうる存在になりつつある。

 

 

2015年はクラウドファンディングの本当の姿が明らかになり、クラウドファンディング市場全体の成長に必要な要素が明らかになるだろう。

 

 

引用元 はこちら。

2014 and looking ahead: what’s in store for crowdfunding in India?

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【ニュース】クラウドファンディングで投資者が安心できるための保険をIndiegogoがテスト中

    この記事の要約   1. クラウドファンディングで投資者が安心できるための保険をIndiegogoがテストをしている。クラウドファンディングのIndiegogoにとって、今年は厄介な年だった。   2….

  • 海外

【海外】Coinsetter Bitcoin Exchange はマージン取引と短略化を提案

    【この記事の要約】   1.Coinsetter bitcoin exchangeは法人顧客に対し、委託証拠金口座と「ポスト取引和解」で取引ができることを発表した。   ポスト取引和解で、顧客は保証金を…

  • 海外

【海外】truCrowd、MyECheckを雇って支払処理実施

  【記事の要約】 1. 電子支払決済をするMyECheckは、シカゴが本拠地のtruCrowdとその電子小切手支払サービスに関する契約を結びました。 2. truCrowdは、それ自身を“許認可を持たない投資家用の初めてのポータル”と説明…

  • 海外

【海外】ロンドン発イタリア直送ハイクオリティの量り売りピザ屋が躍進

  【この記事の要約】   1.先月、ロンドン発ピザ屋Pizza Rossaが二度目の株式型クラウドファンディングを開始、クラウドキューブにて154,000ポンド(約2,700万円)を集めた。     2.ロン…