クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】5億ドルのバイオテクノロジー会社の作り方とは?

2015年1月24日

6

 

この記事の要約

 

1.Larry Gerransはシリコンバレーの多くのCEOのひとりに見える。

しかし、彼が持ち、多くのシリコンバレーのCEOが持っていないものは、クラウドファンディングの個人投資家である。

彼の会社には団体の投資家はいない。

 

2.Larry GerransのキャリアはDePuy整形外科の股関節置換術に関わるJohnson & Johnsonから始まった。

彼は医師でないにもかかわらず手術のテクニックやテクノロジーなど膨大な量をすばやく学んだ。

彼は外科医とエンジニアの間に立ってお互いが理解できるよう動き、ここですばらしい成功を収めた。

 
3.現在彼はSanovas Inc.の創設者で社長、CEOである。

ここでの最初のミッションは、「他のエリアの疾患に比べて疾患肺疾患や肺がんの治療が遅れていることに気づき、そこにマーケットを供給したこと」である。

 

4.Sanovasのテクノロジーは医療機器をどんどん開発し成長を遂げ、いまや12の異なったビジネスを持つまでになった。

 

5.投資家と創設者との関係が薄くならないよう商品開発のパイプラインのコントロールはしっかり行った。

また、マヨクリニックとハーバードの医療機関との関係をしっかり作った。

 

6.Sanovasは2010年から始まったが、ひどい不景気で資金を使い果たしたときには家族、友人、昔の同僚にアプローチを行い苦難を乗り越えた。

 

Sanovasが5億ドルのバイオテクノロジーの会社として今以上に発展することを望んでいる。

 

 

引用元はこちら。

Crowdfunding Case Study: How to build a $710 Million Biotech in Silicon Valley?

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】インド最大級のP2PプラットフォームFaircentが資金調達(2015.01.09)

  【この記事の要約】   1.多数の報告書によると、P2P(ピアツーピア)貸付けプラットフォームとなるFaircentが、推定400万ドル(日本円約4億6000万円)の資金調達をしたとの事。 詳細は不明だが、VCCircleによ…

  • 海外

【海外】カルテットバンドTwiddleが4枚目のアルバムのためにクラウドファンディングを開始

  【この記事の要約】   1.バーリントンのベルモントを拠点に活動しているカルテットTwiddleは、彼らの4枚目のアルバム「PLUMP」のために二万ドルを集めるため、1月11日日曜日にKickstarterでクラウドファンディ…

  • 概況報告
  • 海外

【海外】昨年度の最も面白く、クリエイティブな会社とは?(2014年クラウドキューブ賞)

  【この記事の要約】   1.イギリス最大手のクラウドファンディングプラットフォームである、クラウドキューブが昨年度の最も面白く、クリエイティブな会社を表彰。     2.人気投票と今年のサービス業で共に1位…

  • 海外

【海外】ブロックチェーンのBlockCypherがシードファンディングで高額を取得

【この記事の要約】   1.San Maetroを拠点とするブロックチェーンであるBlockCypherがシードファンディング事業において高額を取得した。     2.CEOであるJesse Draperさんは「女性起業…