クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】大手ビットコイン取引所Bitstampsがハッカー攻撃から素早い立て直し(2015.01.10)

2015年2月5日

記事1

 

【この記事の要約】

 

1.大手ビットコイン取引所のBitstampsが、同社のウォレットが破られ、約5億円消失したと2015年1月5日に発表。
その後サービスが一時中止。

 
2.その翌週1月9日に、より安全でセキュリティーが強化された新システムを導入し、全サービスを再開。
顧客においては、感謝の意を込めて1月17日まで全取引の手数料が無料となる。

 
3.同社はソフトウェアを一新し、ハッカー攻撃などに対応すべくいくつかの新機能を搭載、また犯人追及の為にも旧システムを保存・分析。また、今件が発生する前に預けられたビットコインは保証されると述べた。

 
4.新たな改良点として、
・業界内で最も安全なシステムを導入
・全く新しいハードウェアを配備し、コードとデータのバックアップを確実に確保。
・Amazonにより提供されるAmazon Web Service(AWS)クラウドを基盤・導入し、最も安全で信頼できるクラウド環境を整えた。いいだろう。SNSやサイト側にすべてを委ねるのではなく、自分で写真や文書の保存場所を確保することが必要だ。

 

 

様々の問題が飛び交うビットコイン。この新しいシステムがいかに今後のビットコインシステムに影響を与えるか動向を気にしたい。

 

引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】地域の経済成長促進に一役買う事業ローンシステムFunding Circle PartnersとHerefordshire Councilが提携へ。

  【この記事の要約】     1.Funding Circle は自治体ベースのHerefordshire Councilと提携し、地域の経済活性化と就業者の増加に一役買おうとしている。     2…

  • 海外

【海外】Grouplend、カナダのP2P貸付市場に着目

  【この記事の要約】   1.バンクーバーに拠点を置くGrouplendは、Lending ClubやOnDeckといったP2P市場が新規公開株の話題をさらい、諸外国でのその変化の風潮がカナダにも押し寄せるのを背景に、自身を今後…

  • 海外

【ニュース】クラウドファンディングで投資者が安心できるための保険をIndiegogoがテスト中

    この記事の要約   1. クラウドファンディングで投資者が安心できるための保険をIndiegogoがテストをしている。クラウドファンディングのIndiegogoにとって、今年は厄介な年だった。   2….

  • 海外

【海外】Coinsetter Bitcoin Exchange はマージン取引と短略化を提案

    【この記事の要約】   1.Coinsetter bitcoin exchangeは法人顧客に対し、委託証拠金口座と「ポスト取引和解」で取引ができることを発表した。   ポスト取引和解で、顧客は保証金を…