クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】脅迫やサイバー攻撃を受け、Kickstarterキャンペーンの金正恩総書記がテーマとなったゲームが開発中止(2015.01.10)

2015年2月7日

記事4

 

【この記事の要約】

 

1.ソニーサイバー攻撃の事件後、新映画The Interview(金正恩総書記が死ぬシーンが入っていた)が一旦上映中止になった後、全てが穏やかになったかと思った。しかしハッカー達は新たなターゲットを見つけた。それは、金正恩総書記をメインとした新しいゲームだ。

 
2.Glorious Leader!(輝かしき指導者!)は、アトランタをベースとする開発者が、Kickstarterのクラウドファンディングキャンペーンで資金調達をし、ゲーム開発を発表。
キャンペーンのサイトでは、アメリカ軍と戦い、下等な西洋ゲームを止め、我らが偉大な国を守ろうではないかというゲーム紹介があり、最先端技術を駆使した音や映像が使われている。

 
3.さほどこのゲームは大ヒットはしなかった。しかし、キャンペーン中に同社はシステムがハッキングされた為に、開発をキャンセルする旨発表。「クリスマス休暇中に、ソニーのハッキング騒動に便乗したハッカーの餌食になってしまった」と同社はコメント。

 
4.また脅迫なども以前からあったが、さほど深刻には受け止めていなかった旨も明らかにした。

 

ハッキング事件が相次ぎ、「北朝鮮の仕業ではないか?」など憶測が飛び交うがきちんと犯人を追及、再発防止に努めてもらいたいものである。

 

引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】Coinsetter Bitcoin Exchange はマージン取引と短略化を提案

    【この記事の要約】   1.Coinsetter bitcoin exchangeは法人顧客に対し、委託証拠金口座と「ポスト取引和解」で取引ができることを発表した。   ポスト取引和解で、顧客は保証金を…

  • 海外

【海外】truCrowd、MyECheckを雇って支払処理実施

  【記事の要約】 1. 電子支払決済をするMyECheckは、シカゴが本拠地のtruCrowdとその電子小切手支払サービスに関する契約を結びました。 2. truCrowdは、それ自身を“許認可を持たない投資家用の初めてのポータル”と説明…

  • 海外

【海外】更新:ニュージーランドの破産した実業家がクラウドファンディングFundable上で資金調達(現在は削除) (2015.01.10)

  【この記事の要約】   1.Stuff.co.nz(ニュージーランドのニュースウェブサイト)は、ニュージーランドで破産した実業家であるEvan Read(エバン・リード)氏が、クラウドファンディングのFundable上で資金調…

  • 海外

【海外】概要:アメリカ上院議員のMichael Bannet氏とJeff Merkley氏が、アメリカ証券取引員会(SEC)に対し、クラウドファンディングのルールを最終決定するよう催促し続けている。(2015.01.09)

  【この記事の要約】   1.中小企業がオンラインやソーシャルメディアを通して起業資金の調達を可能にする「Crowdfund Act」。 アメリカ上院議員のMichael Bennet(マイケル・ベネット)氏とJeff Merk…