クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】Toronto Humane SocietyはIndiegogoの子猫キャンペーンでの資金がなくなった旨を明らかにした(2015.01.10)

2015年2月8日

記事6

 

【この記事の要約】

 

1.2014年12月、Pedroという名の生後12週間にもならない子猫が、カナダの高速道路近くで車の窓から投げ捨てられた。

この衝撃でPedroは後ろ脚のつま先を全骨折、腰を骨折しさらに唇に傷を負った。

この子猫を助ける為に、Indiegogoでキャンペーンが立ち上げられた。

 
2.Pedroは、治療を行った看護師Howard(ハワード)さんによって同機関に引き取られ、治療の努力の甲斐あり少しではあるが回復。

ハワードさんの友人はPedroの手術費を賄うために、資金調達を呼び掛けるキャンペーンを立ち上げこれまで1万ドル(日本円約116万円)近くの資金が集まった。

この資金は全て現在の治療費やリハビリに使われると説明されていた。

 
3.1月9日、同機関は報道機関に「Indiegogoキャンペーンで募った資金がPedroの治療として受け取っておらず、これまでの治療費は同機関の心優しいドナーによって支払われている」と発表。

また「不正に寄付金を募ったりしないようIndiegogoキャンペーンを通した資金は受け付けない」と伝えた。

なお、「Pedroの有力な引き取り者はハワードさんの予定で、今後も完全に完治するまで全力を尽くす」と同機関の代表者は言う。

 
4.トロント警察は同日1月9日ハワードさんに連絡し、今件は詐欺としての捜査対象にはならない旨報告。

理由として、募ったお金がまだIndiegogoに残っており、キャンペーンの立ち上げ者は詐欺罪には問われないと報告。

これに対しハワードさんは納得いっていない。

 

Pedroの治療費が早く機関に入り、早い回復を祈るばかりである。また、何とも悲しい出来事であり、不正な利用が増えないよう中止する必要がある。

 

引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】Growler Beers UKは醸造規模拡大のため、12万ポンドを増収させるクラウドキューブ・キャンペーンを発表

  【この記事の要約】   1. Growler Beers UK は2013年にエジンバラで創設され、3500人の醸造愛好家である顧客によって支えられてきたが、創設者のスチュワート・ディニング氏(Stuart Dinning)は…

  • 海外

【海外】台湾における青年起業家のための新しいクラウドファンディングプラットフォームの創設 (2015.1.11)

  【この記事の要約】   台湾金融監視委員会(FSC)は、新しいクラウドファンディングプラットフォームの創設と、2015年3月早々にウェブサイトの開設を計画しています。   このプラットフォームは、小・非公共・革新的な…

  • 海外

【海外】SECが株式市場の構造の新しい諮問委員会を形成。(2015.1.13)

  【この記事の要約】   1.証券取引委員会は、最新の株式市場諮問委員会のメンバーを発表し、助言から米国株式市場の構造や動きに注目することとなった旨を発表した。   2.SEC議長メアリー·ジョー·ホワイトは新しい委員…

  • 概況報告
  • 海外

【海外】2015年初め、注目すべき8大ニュース (2015.1.9)

  【この記事の内容】   1.議員Mike Gatto は今年度のプライバシー保護&消費者保護委員会の議長になると予想されている。 Mike Gattoは、プライバシー保護&消費者保護に関連する詳細情報を、クラウドソーシングにて…