クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】不動産クラウドファンディングの草分けPatch of Landが幾つもの「初めて」を発表 (2015.1.12)

2015年2月15日

9(2)

 

【この記事の要約】

 
1.Patch of Landは初日からエクイティプロジェクトよりも不動産債務投資に独占的に焦点を当てることを選んだ。

 
2.初の事前投資不動産ローンを提供するPatch of Landのプリファンディング原理は、ディベロッパーの優良投資の機会の確保を助け、再建の開始の遅延を減らす。

 
3.クラウドファンディングムーブメントへの支持を示す為、Patch of Landは自社のシードラウンドの実施にあたりSeedInvestと提携し、2ヶ月以内でファンドライジングの目標を上回り、公式にアメリカ初、自社をクラウドファンドする不動産クラウドファンディング会社となった。

 

Patch of Landの創業者はエクイティオファーリングよりもデットオファーリングの方が拡張性がありリスクが低いと信じている。

 

引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【ニュース】訴訟費用を集め賠償金を分配するクラウドファンディングサービスに世界中がドン引き

  この記事の要約   1.世界的に見ても「訴訟大国」として知られるアメリカで、にわかに信じがたいサービスが出現し、現在、注目を集めている。   2.「LexShares」というこのサービスは、ある特定の目的について、そ…

  • 海外

【海外】”脳を持つリモコン”NEEOがクラウドファンディング上で優秀な投資額を得る

  【この記事の要約】 1. NEEOは家の中にある全ての家電製品のリモコンや携帯のアプリを一つに統合したリモコンである。 と同時に、現在特許出願中の性能で、使用者の好みや生活パターンなどの個人情報を記憶できる”脳を持つリモコン”としての機…

  • 海外

【海外】ナッシュビルベースHavenのスマートロック創設者がKickstarterでの失敗とどのように資金を調達をしたか明らかにした(2015.01.09)

  【この記事の要約】   1.2014年9月、ナッシュビルベースHavenがKickstarterのクラウドファンディングキャンペーンで、スマートロック開発のため、15万ドル(日本円約1700万円)の資金調達を始めた。 この機械…

  • 海外

【海外】2015年はバーチャルリアリティ元年?

  【この記事の要約】   1.Wemo.io(バーチャルリアリティのプラットフォーム)とSeed&Spark(インディペンデント系映画製作のクラウドファンディングとディストリビューションプラットフォーム)は急成長中のバーチャルリ…