クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】FundingKnight「需要が融資限度額を£500,000まで押し上げる」

2015年2月19日

8-1

 

【この記事の要約】

 

1.Southamptonに拠点を置き、製造業界のセグメントをターゲットとするP2Pの貸し手であるFundingKnightは、需要に合わせて融資限度額を£500,000に上げた旨を発表した。

 

2.FundingKnight のCEO、グレアム·マーシャルは限度額の変更について、「この決定はニーズにこたえた結果であり、市場にも大きなインパクトを与えるだろう。そしてこれが市場の拡大につながることを貴台している」と言及した。

 
3.プラットフォームのローンは現在、最大最長5年の期間で25,000ポンドから50万ポンドの範囲で、借り手は、少なくとも2年間は稼働していなければならず、FundingKnightは貸し出しの際には入念に取調べを実施する。

FundingKnightは平均約£83000の規模で127の融資を完了している。

 
4.マーシャルは、主に金融サービスセクターで事業の創出で30年以上の経験を持っており、以前は彼はエクイティリリースビジネスの専門家Sovereign Reversions plcを創立していた。

 
5.FundingKnight審議会は GLI Finance LimitedのCEO兼Director of Hastings Insurance Group Limited非執行取締役のジェフ·ミラーとシリコンバレーに拠点を置く金融サービス部門に特化した技術会社のKurtosysの創設者の一人であるマッシュパテルが含まれる。

 

 
限度額の上昇によって今後融資が盛んに行われるようになるだろう。そして需要に基づいてシステムが変わればますます市場は拡大するだろう。

 
引用元はこちら。

FundingKnight Says Demand Pushes them to Raise Loan Limit to £500,000

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】人質事件の被害者の友人が未亡人と子供のためのクラウドファンディングのキャンペーン開始

  【この記事の要約】   1.Charlie Hebdo本部の悲惨な襲撃事件の2日後、Porte de Vincennes(パリの20区)にあるHypercacher Kosherのスーパーマーケットで人質事件が発生。 犯人は警…

  • 海外

【海外】スペインの企業「Hooptap」の大躍進 (2015.1.10)

  【この記事の要約】   1. 「Hooptap」は非常に革新的なビジネスモデルのスペインの技術系新興企業で、Heineken や Air Milesなどの世界的大企業と組んで成果を上げ、1年で利益が300%増加した。 &nbs…

  • 海外

【海外】原油価格の下落に反してクリーンエネルギーへの投資が増加(2015.01.15.)

  1.最近のブルームバーグの報道によると、クリーンエネルギーへのグローバル投資は2014年に3100億ドルと3年ぶりに上昇した。 原油価格の下落の影響で再生エネルギー産業への投資は減少すると思われていたが意外な結果になった。  …

  • 海外

【海外】更新:ニュージーランドの破産した実業家がクラウドファンディングFundable上で資金調達(現在は削除) (2015.01.10)

  【この記事の要約】   1.Stuff.co.nz(ニュージーランドのニュースウェブサイト)は、ニュージーランドで破産した実業家であるEvan Read(エバン・リード)氏が、クラウドファンディングのFundable上で資金調…