クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】人質事件の被害者の友人が未亡人と子供のためのクラウドファンディングのキャンペーン開始

2015年2月20日

10-1

 

【この記事の要約】

 

1.Charlie Hebdo本部の悲惨な襲撃事件の2日後、Porte de Vincennes(パリの20区)にあるHypercacher Kosherのスーパーマーケットで人質事件が発生。

犯人は警官によって射殺されたがその場にいた4人のユダヤ人の命が犯人の手によって犠牲となった。

現在その犠牲者であるPhilippe Brahamの友人がクラウドファンディングを通じて被害者の家族を支援を募っている。

 

2.エルサレムポストによると、被害者家族のための資金集めはCharlie Hebdoの被害者家族のためのキャンペーンを実施したクラウドファンディングプラットフォームLeetchiで開始された。

被害者のFrançois Michel Saada、Yoav Hattab、Yoram Cohenはそれぞれ€4,166、€13,204および€683のみ受け取り、Philippe Brahamのキャンペーンは、2606人の人から€160,000集まった。

 

3.小切手を郵送希望の方はこちら:Synagogue de Cachan, 28/30 ave Beausejour, 94230, ACCIC (the Cultural Association of Cachan)行き

 

4.Louisはこのキャンペーンがユダヤ教のコミュニティとメディアの強さの両方が示されたと述べた。

またユダヤ教、キリスト教、イスラム教の人々がそして、アメリカ、スペイン、イスラエルそしてイタリアを含む様々な国から資金が集まった旨を公表した。

 

5.Leetchi はCharlie Hebdo projectのような犠牲者にささげるキャンペーンにおいては、手数料を取らない決定をした。

 

今後は他のプラットホームでもこういったプロジェクトが実施されるようになり、これが新しい募金の新たなかたちとなるかもしれない。

 

引用元はこちら。

Friend of Porte de Vincennes Hostage Crisis Victim Launches Crowdfunding Campaign For Widow & Children

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 日本
  • 海外

【ニュース】(米国事情)クラウドファンディングが進化、多様化するネットの資金調達 ついには起業の資金もネットで集める時代に…(2015.1.20)

  【この記事の要約】   1.クラウドファンディングは金融機関からまとまった資金を調達するのが難しい事業でも、容易に資金を集められる新しい手法として注目を浴びた。   2.資金調達は、専用サイトでプロジェクトをアピール…

  • 海外

【海外】Zopa は2015年度の融資額を5億5千万ポンドと予想している。 (2015.1.11)

  【この記事の要約】   1.Telegraphのレポートによると、イギリスのP2P融資プラットフォームのZopaは2013年に81パーセントの成長率をとげた。   2.P2P融資セクターはイギリス政府より相当な支援を…

  • 海外

【海外】脅迫やサイバー攻撃を受け、Kickstarterキャンペーンの金正恩総書記がテーマとなったゲームが開発中止(2015.01.10)

  【この記事の要約】   1.ソニーサイバー攻撃の事件後、新映画The Interview(金正恩総書記が死ぬシーンが入っていた)が一旦上映中止になった後、全てが穏やかになったかと思った。しかしハッカー達は新たなターゲットを見つ…

  • 海外

【海外】Lending Clubの株式公開: P2P融資の転機の瞬間 (2015.1.12)

  【この記事の要約】   1.オンライン融資を先導するLending Clubは株式公開を果たし、2014年を成功に終えた。 2014年12月10日、Lending Clubの証券の公募が施行され、会社の査定額をほぼ90億ドルと…