クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】キックスターターでの資金調達に成功したFreeWavzが新キャンペーンを開始

2015年2月25日

記事番号8

 

【記事の要約】

 
1. 1月13日、スマートウェアラブル機器を開発するFreeWavzは生産能力拡大のためFundableでクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

このキャンペーンは昨夏のキックスターターでの資金調達に続くものです。

 
2. 以前に報告されている通り、スマートヘッドホーンFreeWavzは耳鼻咽喉科専門医Eric Hensenさんがデザインしました。

無線対応で、無理なく装着でき、フィットネスに関する測定もしてくれます。さらにそのイヤホンは最高級のサウンドを聞かせてくれます。

 
3. 最近のインタビューでドクターHensenは、「手術室で使う技術を我々がやっていることに応用しました。皮膚組織から取る想定値はより正確です。これは手術室で使っているのと同じ方法です」と話しています。

 

4. 内蔵センサーがフィットネス関連の数値を測定し、音声で知らせてくれます。

二次マイクは音楽と周囲の環境音をミックスして聞き取ることが可能です。

その他、一時中断、左右独立ボリューム調整、電話及びプレイヤー接続などの機能も装着されています。

 

5. 米国オリンピック選手Ryan Hallさんは、トレーニング最適化の方法についていつも考えています。

「好きな方法の一つはインスピレーション音楽を聞くことです。

トレーニングに集中するには、自由に動けることが本当に重要です。

FreeWavzを使えば、常に前を向いていられ、移動距離、心拍数、音楽を聞く他の装置を買う必要がなくなりました」と話しています。

 
6. ソニーに在籍していたベテランコンピューターエンジニアMike KahnさんがCEOとして経営陣に加わり、ウェアラブルフィットネス市場は2015年も強い成長が期待でき、急成長するこの市場に資本投下して行きますと答えました。

 

7. FreeWavzはキックスターターで32万5000ドル以上の援助を集め、1500個以上の事前販売をしました。

Bluetooth SIGブレイクスルー・アワード2015で試作品部門の最終選考作品に選ばれ、CES 2015 Innovation Awardのウェアラブルテクノロジー部門も受賞しています。

 

FreeWavzは追加の資金調達をして2015年もさらに発展していくと見込まれます。

 

引用元はこちら

Kickstarter-Success FreeWavz Debuts New Campaign on Fundable

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

『Kickstarter Community Tab』はなぜ革新的なのか?

はじめに   先日、Kickstarterは新たに『Community Tab』をリリースしました。このサイトは以下の情報を提供します。     ・どの都市に支援者が住んでいるか   ・どの国に支援者が住んでい…

  • 海外

【海外】ロンドン発イタリア直送ハイクオリティの量り売りピザ屋が躍進

  【この記事の要約】   1.先月、ロンドン発ピザ屋Pizza Rossaが二度目の株式型クラウドファンディングを開始、クラウドキューブにて154,000ポンド(約2,700万円)を集めた。     2.ロン…

  • 海外

【海外】SECが株式市場の構造の新しい諮問委員会を形成。(2015.1.13)

  【この記事の要約】   1.証券取引委員会は、最新の株式市場諮問委員会のメンバーを発表し、助言から米国株式市場の構造や動きに注目することとなった旨を発表した。   2.SEC議長メアリー·ジョー·ホワイトは新しい委員…

  • 海外

【海外】インスタントカメラケースがキックスターターにて3時間で目標達成

  【この記事の要約】   1.サンフランシスコ発スタートアップのプリント(Prynt)が、「世界初」スマートフォン用インスタントカメラケース制作販売の50,000ドル(約600万円)を集めるため、キックスターターでのクラウドファ…