クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】P2P グローバル投資が新有価証券募集の目論見書を発表

2015年3月14日

20150160944

 

【この記事の要約】

 
1. P2P グローバル投資 は、C Shareの申し込みを2憶ポンド増加させるために、新しい資金調達を開始したと先週発表し、その目論見書を発行した。

 

P2P グローバル投資 はヨーロッパとアメリカのP2Pプラットホームで年利換算5~15パーセントの利益を目標としている。

 

ひとつのプラットホームに33パーセント以上集中しないようにするとしているが、この制限は変わるかもしれない。

 

 
2. 消費者金融、SMEローン、会社取引受取勘定に対する値上がり株やプラットホームを通して始められた会社取引受取勘定(Credit Assets)の購入品に、当企業は投資する。

 

当企業は、一般的に5~15パーセントを目標とするネット年率換算された収益でCredit Assetsに投資しようとしている。

 

 
3.プラットホームでは適切な専門知識をもって必要な操作が確実に行われるようにするために、投資マネージャーが徹底してドゥー・ディリジェン・プロセスに従事するとP2Pは述べている。

 

 
4.今後の予定は次のとおり。

 

・資本売り出しの契約における最新日時は1月26日午後5時。

・資本売り出し結果の公表と仲介業者募集は1月27日。

・C Sharesへの選考と売買開始は1月29日。

 

P2Pグローバル投資は新しい運用資金調達を画策しているようだ。

 

引用元はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】スタートアップ・ラウンドは1月27日に受賞者を発表(2015.01.16.)

  1.スタートアップ・ラウンド(StartupRounds)は1月27日にマサチューセッツ州ケンブリッジでファイナルショーケースというイベントを開催する。 これはクラウドファンディングとビジネスインキュベーションの活性化を目的としたもので…

  • 日本
  • 海外

【ニュース】(米国事情)クラウドファンディングが進化、多様化するネットの資金調達 ついには起業の資金もネットで集める時代に…(2015.1.20)

  【この記事の要約】   1.クラウドファンディングは金融機関からまとまった資金を調達するのが難しい事業でも、容易に資金を集められる新しい手法として注目を浴びた。   2.資金調達は、専用サイトでプロジェクトをアピール…

  • 海外

【海外】グーグルとレンディングクラブが業務提携

  1.P2Pレンディングの最大手であるレンディングクラブはグーグルと業務提携し、グーグルパートナーに対する低金利での融資を始めると発表した。 これはグーグルが最近発表した、トップクラスのパートナーへの奨励制度の1つにあたる。  …

  • 海外

【海外】2014年が終わり、今後のインドのクラウドファンディングに何が起きるか?

  この記事の要約   1.インドでは昔からクラウドファンディングの下地と言える文化があり、とりわけクラウドファンディングが新しい現象というわけではない。多くの産業や映画が大衆や小口投資家によって支えられてきた歴史がある。 &nb…