クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】新しい職場を提案するIndiegogoが、数時間で2万ドル超えを記録

2015年3月16日

20150160951

 

【この記事の要約】
1. 1月12日月曜日、Teva footwear の前社長であり[GoPro] Mountain Gamesの創設者であるジョエル・ヒース(Joel Heath)氏は最新のベンチャーであるFluidStanceを通じて、初の製品のために Indiegogoクラウドファウンディングを立ち上げると発表した。

 

FluidStanceによるLEVELは従来の固定された環境から人々を動かしていこうという目的のため生まれた。

 

 

2. 立ち机の普及に伴って、足元に微妙かつ安定した動きを作るための補助的な事務用品としてLEVELは生まれた。

 

LEVELは運動量と心拍数をふやし、無意識的にバランスをとるようにできている。

 

かといって気が散ることはなく、仕事に集中できる。心と体がつながることで仕事にも良い効果がもたらされる。

 

 
3.アメリカ疫学ジャーナルによると、86パーセントのアメリカの職場が1日に7.7時間座っている。

 

「座ることは第二の喫煙」と称し、さまざまな病気の原因となる。

 

LEVELは心拍数を平均15パーセント上げ、下肢には歩いているときと同じくらいの効果がある。

 

LEVELは長時間座り続けなければいけないような仕事に用いると良い。

 

 

4.LEVELは米国の新案特許出願中のテクノロジーと技術を搭載し、あらゆる労働環境にも適用し、安定性やデザインを調節することもできる。

 

この製品の第3者テストを行ったヒールクスラボ(Heeluxe Lab)のジェフェリー・グレイ(Geoffrey Gray)博士は 「LEVELは3Dの動きを考慮に入れており、歩く時の運動量に相当する」と述べた。

 

LEVELの価格は289ドルから389ドルで、オプションは別料金である。

 

 

5.発表されてから数時間内でクラウドファウンディングは2万ドルを超えた。

 

これからはLEVELを使って立ちながら仕事をする職場が増えるだろう。

 

20150160951

 

 

引用元はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】Emerging Frontiersは発展途上国における小規模ビジネス「失われた中間層」を助けるための投資型クラウドファンディングプラットフォームを創設する。(2015.1.12)

  【この記事の要約】   1.1月12日月曜日、Emerging Frontiersは 未開拓地域や新興マーケットでの個人投資の機会において急激に成長するマーケットを混乱させるであろう、個人投資家プラットフォームの創設を発表した…

  • 海外

【海外】欧州株式型クラウドファンディング協会代表、イタリアや海外における代替的金融改革を評価

  1.11月下旬から1月6日までの期間、ケンブリッジ大学はEY(グローバルプロフェッショナルサービス機構)と欧州にて代替的金融に関するベンチマーク調査を実施した。 これは代替的金融取引の規模や量、成長具合を把握することを目的しており、欧州…

  • 海外

【海外】GoFundMe、2014年の支援総額は4億7000万ドル、世界最大のプラットフォームに

  【記事の要約】   1.サンディエゴが本社のGoFundMeは新年を最高の状態で迎えました。 2014年の第4四半期に1億5600万ドル、年間合計で4億7000万ドルの寄付を集め、世界最大のクラウドファンディングプラットフォー…

  • 海外

【海外】スタートアップ・ラウンドは1月27日に受賞者を発表(2015.01.16.)

  1.スタートアップ・ラウンド(StartupRounds)は1月27日にマサチューセッツ州ケンブリッジでファイナルショーケースというイベントを開催する。 これはクラウドファンディングとビジネスインキュベーションの活性化を目的としたもので…