クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】Lending Club のカバレージは市場平均以下で開始

2015年3月20日

8(2)

 

【この記事の要約】

 
1.ピアトゥピア(P2P)・プラットホームとして主要な会社であるLending Club (LC)のカバレージは、目標額の17.75ドルを下回るというスターン・アギーの報告を受けた。

 

LCはオフマーケットの今日、8パーセント以上シェアを下げた21ドルを超えたところで終了した。

 

 
2.Lending Club は若い会社の独立イベントにおける公的株式取引のための最初のP2P貸付プラットホームである。

 

Lending Clubは年度末前には、他のP2PレンダーOnDeckの上場株に続いた。

 

スターン・アギーはLending ClubがNYSEにリストアップされるちょうど前にプレIPOレポートを発行しており、ここでは13から17ドルの値幅を予想していた。

 

 

3.スターン・アギーはその時、こう引用されている。

 

「我々の予想では、2017年までに、それぞれ、目標とされた寄付金と調節されたEBITDAのマージンの50から40パーセントを支払っている間、LendingClubが収益で10億ドル以上を生み出すことができる。それぞれ、2015、2016、2017に0.15ドル、0.53ドル、0.75ドルの現金ベースのEPSを推定している。」

 

 
4.Lending Clubは所得はわずかで、数十億をローンで取引した。

 

LendingClubの劇的な成長予想が続く限り、割当価格設定は典型的PEに交換できない。

 

業界支援者はP2P貸し手側のアドレス指定可能な市場が国内で2兆7000億ドル程度に達すると主張する。

 

LendingClubは国際的な成長を視野に入れていると明らかにした。

 

 

ピアトゥピアの主要企業であるLending Clubは目標額を下回ったが、将来的には国際的な成長を視野に入れるだろう。

 

引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】Lending Clubの株式公開: P2P融資の転機の瞬間 (2015.1.12)

  【この記事の要約】   1.オンライン融資を先導するLending Clubは株式公開を果たし、2014年を成功に終えた。 2014年12月10日、Lending Clubの証券の公募が施行され、会社の査定額をほぼ90億ドルと…

  • 海外

【海外】2015年はバーチャルリアリティ元年?

  【この記事の要約】   1.Wemo.io(バーチャルリアリティのプラットフォーム)とSeed&Spark(インディペンデント系映画製作のクラウドファンディングとディストリビューションプラットフォーム)は急成長中のバーチャルリ…

  • 概況報告
  • 海外

【海外】2015年初め、注目すべき8大ニュース (2015.1.9)

  【この記事の内容】   1.議員Mike Gatto は今年度のプライバシー保護&消費者保護委員会の議長になると予想されている。 Mike Gattoは、プライバシー保護&消費者保護に関連する詳細情報を、クラウドソーシングにて…

  • 海外

【海外】スパイク・リー監督のダ・スウィート・ブラッド・オブ・ジーザスがVimeoオンデマンドで配信中

  記事の要約   1. 映画監督スパイク・リーさんは1月13日、キックスターターで資金調達した映画、ダ・スウィート・ブラッド・オブ・ジーザスのVimeoオンデマンドでの配信を始める発表しました。 劇場公開日の数週間前に届いたビッ…