クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】Biz2Creditによる見解:大手銀行はビジネスへの融資を減らしている。

2015年3月27日

__5

 

【この記事の要約】

 

 
1.Biz2Creditの調べによると、大手銀行の企業におけるビジネス投資額が減少していることを公表した。

 

 
2.CEOの Rohit Arora氏曰く、

 

「大手銀行の昨年の小規模ビジネスに対し契約を進める意向を見せていたが、組織的な貸主が市場に参入してきて質の高い借り手を引き付けている」

 

「平均値としては減少だったものの、政策の影響がありながらもスモールビジネスに投資している大手銀行は昨年11月に比べて約20%程度の上昇を見せており、今年はいまだかつてない程起業家にとっては投資を受ける好機になると予想される。」とのこと。

 

 

3.中小銀行による投資金額はわずかながら減少を見せているが、一年ごとの比較で見ると大手銀行内ではスモールビジネスへの投資の承認率が高く目立っている一方で、中小銀行では停滞している。

 

 

4.組織的な投資者による投資額は2014年1月にBiz2Creditがモニタリングを開始してからは一貫して上昇を続けている。

 

 

5.投資銀行や金融業者、非銀行金融組織などの代替機関における投資額承認率は減少傾向にあり、クレジット機関におけるローン承認率は前月と比べるとやや上昇しているが、年ごとに比較すると降下しており、小規模ビジネスとしては補足的な選択肢であることが証明されている。

 

 

大手銀行における小規模ビジネスへの投資は相互にメリットが大きく、今後も増え続けると思われる。

 

引用元はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】ブロックチェーンのBlockCypherがシードファンディングで高額を取得

【この記事の要約】   1.San Maetroを拠点とするブロックチェーンであるBlockCypherがシードファンディング事業において高額を取得した。     2.CEOであるJesse Draperさんは「女性起業…

  • 海外

【海外】FanPay、NCAAの閉鎖試みにも怯まず、大学生アスリートに対してクラウドファンディングプラットフォームを立ち上げる(2015.01.09)

  【この記事の要約】   1.2014年秋、Crowdfunding InsiderはNCAA(National Collegiate Athletic Association)が営利目的の会社FanPayを閉鎖しようとした事を…

  • 海外

【海外】クラウドファンディング中の、心拍数と活動をモニターする「アンプストリップ」が業界で高評価

  1.フィットリンクス社が開発したより良いトレーニング方法の決定とパフォーマンス向上を目的とした心拍数と活動をモニターする「アンプストリップ」が業界でとても高い評価を受けた。   2.クラウドファンディング会社であるインディゴー…

  • 海外

【海外】「大麻の女王」クラウドファンディング – Cannadabbado管理者であるCheryl Shumanさん、ニューヨークタイムズの記事(2015.01.10)

  【この記事の要約】   1.自称大麻の専門家、かつてはクラウンドファンディングの管理者であったCheryl Shumanさんは、癌と診断され、大麻活用の従事者になった遍歴を共有。マリファナ油を病気の症状を緩和する為に使用し、奇…