クラウドファンディングの比較・成功法則まとめ

【海外】2015年はバーチャルリアリティ元年?

2015年4月21日

No.9

 
【この記事の要約】

 
1.Wemo.io(バーチャルリアリティのプラットフォーム)とSeed&Spark(インディペンデント系映画製作のクラウドファンディングとディストリビューションプラットフォーム)は急成長中のバーチャルリアリティ(VR)産業へ巻き込むエンパワーメントを目的とした支援金プログラムを始めた。

 

サンダンス映画祭会期中に、映画製作者バーチャルリアリティへのデモをする。

 

プログラムは3月初旬から制作開始の作品が対象で、支援金には、現金支給に加え、撮影設備用ローン、現場監督、撮影後のサービス、役者と撮影スタッフの人件費を含む。支援金はプロジェクトの規模による。

 

 

2.バーチャルリアリティは映画界で最も急成長の分野。

 

2018年には10億600万ドル(約125億円)の売上げを目論む。

 

Wemo.ioのCEOで共同設立者のネビール・スピテリ氏によると、「2015年はバーチャルリアリティ元年。専用ヘッドセットの需要数だけで年末には3倍になる」との予測だ。

 

今日マインクラフトで遊ぶ何百万人もの子供達が次世代のバーチャルリアリティの需要を後押しするのは必至。

 

3.「コンテント不足」の現状を打開し、バーチャルリアリティを一早くに取り入れることができたクリエーターが大きな影響力を持つことになる。

 

バーチャルリアリティ元年とはこれからが楽しみである。クリエーターには、どのような方向へ進みたいのか、大きな指針を持って大いに創造して欲しい。

 
引用元 はこちら

クラウドファンディングニュース(クラファンニュース)は、クラウドファンディングの発展に尽力しております!もし今回の記事に少しでも興味を持たれましたら、ぜひ「ツイート」「シェア」などをして頂けますと幸いです。

プレスリリース送付先はこちら。(掲載したい文と関連画像を合わせて、ワードファイルなどでお送りください。)→info@crowdfundnews.jp

関連記事

  • 海外

【海外】映画”Da Sweet Blood of Jesus”の監督Spike LeeがEntertainment Weeklyのインタビューに応えた。

  【この記事の要約】   1.Kickstarter上で成功した映画”Da Sweet Blood of Jesus”の監督のSpike Lee氏が新たなクラウドファンディングのプロジェクトについてEntertainment W…

  • 海外

【海外】Toronto Humane SocietyはIndiegogoの子猫キャンペーンでの資金がなくなった旨を明らかにした(2015.01.10)

  【この記事の要約】   1.2014年12月、Pedroという名の生後12週間にもならない子猫が、カナダの高速道路近くで車の窓から投げ捨てられた。 この衝撃でPedroは後ろ脚のつま先を全骨折、腰を骨折しさらに唇に傷を負った。…

  • 概況報告
  • 海外

Kickstarter が選ぶ、2016年期待の7つのテクノロジーとは?

はじめに   2016年のはじめにあったコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で、クラウドファンディング最大手のKickstarterは、2016年に来る7つのテクノロジーを予想しています。   7つの予想内容をまとめ…

  • 海外

【海外】中東が本拠地のEureeca、国際的な成長に向けたクラウドファンディング戦略を準備中

  【この記事の要約】   1.ドバイに本拠地を置くEureecaは、国際的なクラウドファンディングキャンペーンに興味のあるさらに多くの人、事業、投資家につながることを目的としている。   2.Eureecaクラウドファ…