【海外】「大麻の女王」クラウドファンディング – Cannadabbado管理者であるCheryl Shumanさん、ニューヨークタイムズの記事(2015.01.10)

記事2

 

【この記事の要約】

 

1.自称大麻の専門家、かつてはクラウンドファンディングの管理者であったCheryl Shumanさんは、癌と診断され、大麻活用の従事者になった遍歴を共有。マリファナ油を病気の症状を緩和する為に使用し、奇跡的に癌からの回復を果たした。またニューヨークタイムズ紙から極めて明瞭な記事を得た。
2.Shumanさんは大麻を揮発させ料理の味つけに使うなど大麻を定期的に使用。Shumaさんは、まるで鋼のような強い心をもっており、彼女を疑う人達に「7年後にリアリティ番組で活躍するために癌を発症したと話を作った」と答えている。

 

3.今後は、マリファナ使用規則の合法化の為にネバダ州に引っ越し、ラスベガスに住みたいと語っている。現在は同サイトはシステムエラーの為にアクセスが出来なくなっている。

 

国や州により大麻に関する憲法や罰則は異なるが、いま一度きちんと危険性を確認し若者への危険喚起と共に、医療部門においてより研究が進むことを祈る。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.