【海外】インスタントカメラケースがキックスターターにて3時間で目標達成

No.6

 
【この記事の要約】

 
1.サンフランシスコ発スタートアップのプリント(Prynt)が、「世界初」スマートフォン用インスタントカメラケース制作販売の50,000ドル(約600万円)を集めるため、キックスターターでのクラウドファンディングキャンペーンを立ち上げ、3時間で125,000ドル(約1,500万円)に達成。

 

 
2.機能はいたってシンプルで、携帯に接続し写真をとると瞬時に印刷できる。

 

電池内臓で、WIFIの必要がなく、カラフルな色ぞろえ、インク不要、ブルートゥース不要である。

 

また、多種のスマートフォーンに対応できるモジュール型で、携帯を代えても新しいドックアダプターに交換することでケース自体はそのまま使用できる。

 

 
3.今夏までに携帯用アプリケーションをリリース予定。

 

クラウドファンディングの締め切りは、3月3日まで、1,000人以上の出資者により既に予定の金額を達成した。

 

製品の市場価格は130ドル-150ド(約15,000-18,000円)を予定。

 

今秋までには出資者の手元に届けられる。

 

 
ポラロイドカメラに着想を得たというカメラケースの目の付け所が面白い。

スマートフォーンに隙間市場を見出し、大きなマーケットを作りだした。

製作者は短時間での目標額達成に、大きな手ごたえを感じたに違いない。

 
引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.