【海外】インド最大級のP2PプラットフォームFaircentが資金調達(2015.01.09)

記事7

 

【この記事の要約】

 

1.多数の報告書によると、P2P(ピアツーピア)貸付けプラットフォームとなるFaircentが、推定400万ドル(日本円約4億6000万円)の資金調達をしたとの事。

詳細は不明だが、VCCircleによると、ある会社の興行主からの資金提供がいくらか明らかになっていない。

 

2.Faircentは2013年度に設立され軌道に乗るまで12カ月かかり、2014年の半ばからオペレーションが開始。

個人への貸付けは3万ルピーから50万ルピーまでとなっている。

また事業主への貸付も行っている。

 

3.返済は6カ月から3年となり、借り手は12%という低い利子率を、そして貸付者は最大25%の利子を受け取れるであろう。

 

日本ではあまり注目されていないFaircent。しかし最大級のサイトだからこそ、きちんと皆が分かるように提示、報告をすべきである。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.