【海外】オーストラリアのクラウドファンディングプラットフォームPozibleの2014年の成功(2015.1.14)

3-1

 

【この記事の要約】

 

1.オーストラリアベースのクラウドファンディングプラットフォームPozibleは2014年に3000以上のプロジェクトを開催し、前年期と比較して49%増の14,151,243オーストラリアドルの売り上げをあげた。

3000を超えるプロジェクトのうち、Pozibleの食品及び社会事業のカテゴリは200%以上増加し、テクノロージーのカテゴリでは2014年4月中国で発売以来、2000%増加した。

 
2.Pozibleでは、プロジェクトを支援するための少なくとも1つの新しいイニシアチブやパートナーシップを築いた。

Arts Tasmania による “Crowbar”、Creative Partnershipsによる “Match”、Mecu銀行による「Pick a Pledge」そして上海南翔政府とIDGキャピタルによる継続的な技術「One-2-One」などが資金調達の合致に至ったプロジェクトである。

 

3.技術的な面では、Ponzibleのエンジニアリングチームが決済サービスのストライプ、ビットコイン、アリペイの導入、そしてニュージーランドやシンガポールのクレジットカードの使用、中国の言語パック導入などの機能を向上させた。

 

2015年も引き続き、好調の波が期待できそうである。

 
引用元はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.