【海外】代替資産先としてのクラウドファンディング

1

 

この記事の要約

 
1.Aite Groupによれば、従来の銀行取引と証券がクラウドファンディングの機会を求めてヨーロッパやアメリカでの場所を見出すようになってきた。

 
2.クラウドファンディングは代替資産先として従来の銀行取引と証券そして産業一般と共存して、930億ドルを目標に成長している。

 

新しいアイデアと人の繋がりを通して、クラウドファンディングは十分なサービスを受けられない借り手や企業家を支援している間、適格投資家や企業には現実的な機会を提供した。

クラウドファンディングは多くの人が関わり、疑うことなく発展している。

 
3.また、クラウドファンディングはテクノロジーの創設者とも言える。

売り手、買い手に今ない機会を提供できればこの業界の調節者となり、利益とリスクを理解したプラットフォームの幅広く有益な出資によりファイナンシャルサービスの中心的な役割になるであろう。

 

4.従来の銀行取引と証券は、クラウドファンディングで多くの銀行やブローカー、ディーラーや証券取引、それらの中心的出資者からの感心を集めるという機会も得た。

 

クラウドファンディングの事業は商品提供と地域拡大を近い将来行い、対象も特定のものに焦点が当てられ、企業融資や一般のローンから次の段階へと進むであろう。

 

 

クラウドファンディングのような新しいアイデアはこれ以上の成功はなく、今後も色あせることはないだろう。

 

引用元 はこちら。

New Report: Crowdfunding Opportunities for Traditional Banking and Securities

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.