【海外】ソフトウェア会社シフレックス、シリーズAの株式発行において満株である5000万ドルを獲得(2015.01.15.)

8-1

 

1.暗号通貨やブロックチェーン技術などの新興分野専門のソフトウェア会社であるシフレックスは、シリーズA株式の売り出しを目標である500万ドルの達成をもって完了したと発表した。

シフレックスはサンディエゴを拠点とするmSIGMA、CoinSocketなどの仮想通貨関連のソフトウェアを開発した会社である。

 
2.セキュリティは金融取引においてもっとも重要な項目であり、シフレックスはビットコインなどの仮想通貨へのマルチシグネチャ技術による安定したアカウント管理体系を提供してきた。

 

3.mSIGMAは仮想通貨とアカウント管理に関してのケーススタディを行うエサリアムプロジェクトのクラウドファンディングキャンペーンに厳格な審査ののち選ばれている。

 

ハードウェアだけでなく、ソフトウェア開発に対してもクラウドファンディングを利用する機会が増えることが予想される。

 

引用元はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.