【海外】ヘルシーアイスクリーム工房のOppoは、Seedrsで「最も過剰投資」されたキャンペーンとなった。

10(3)

 

【この記事の要約】

 
1.ロンドンに拠点を置くアイスクリーム工房のOppoは、2、3日で目標投資金額の324パーセントに達し、真夏にアイスクリームが溶けるようなスピードで、プラットホームのSeedrsの中で最も過剰投資されたキャンペーンとなった。

 

このアイスクリームはクリームの代わりにバージンココナッツオイルを使用し、砂糖の代わりにステビアを使っており、ビタミンを摂ることができる。

 

 
2.Seedrsによると、Oppoは初めすでに集まった339,049ポンドに加え、100,012ポンドを求めていた。

 

提供された資産は910パーセントで、この前金の評価は998,991ポンドだった。

 

この企業はInnovation Challenge Gold Award2014の勝者でもある。

 

このアイスクリームのカロリーは2スクープでリンゴ1つより若干多いカロリーしかない。

 

 

3.Oppoの創設者であるCharlie と Harry Thuillierの兄弟が、ブラジルの北東の海岸1000キロを「凧つきのバギー」で旅行しなかったなら、Oppoのアイスクリームの味は生まれなかった。

 

彼らは75キロの凧バギーを引いて30マイル以上歩くことにエネルギーを使い果たし(1日7000カロリー)、その土地の野生の食べ物であるココナッツを利用した。

 

ココナッツは良質の水分、脂質、たんぱく質をふくんでおり、彼らはゴールするまでのエネルギーと、味を犠牲にしない甘味を作るアイディアを得た。

 

 
4.Oppoは去年の10月以降、Ocado.comと、イギリスのスーパーのウェイトローズで買うことができるようになった。

 

残念なことにアメリカと他の地域はマーケットから外れているが、いつの日か、クラウドファンディングの成功によって、あなたの家の近くでも買うことができるようになってほしいものだ。

 

 

クラウドファウンディングで最大投資額を集めたOppoのヘルシーアイスクリームは、これから世界中で食べられるようになるだろう。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.