【海外】ミネソタ州議会はクラウドファンディングの本格的な使用を始めた。

__4

 

【この記事の要約】

 
1.アメリカ、ミネソタ州ではクラウドファンディングの採用を公的に開始した。

 

 
2.現在ミネソタ州では法律面、投資面からみて3つの主な問題を抱えている。

 

「管理体制の劣化によりスモールビジネスが融資を受けにくい状況下にあること。安全管理面で時代的に遅れており法的改正が必要とされていること。個人レベルのビジネスやプロジェクトに対して小規模の投資家が対象外とされやすくなっていること。」

 

 

3.スモールビジネスは重要な経済の原動力であり、主要な力となりうるため、少しでも投資を受けやすい環境を作ることが重要だと認識され始めている。

 

 
4.アメリカの多くの州ではクラウドファンディングはすでに導入され、地方の経済状況の向上が期待されている。

 

 

まだまだ厳しい規制の中であるが、今後クラウドファンディングを通して地方が小規模ビジネスとともに活性化していくことを期待したい。

 

引用元はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.