【海外】不動産クラウドファンディングの草分けPatch of Landが幾つもの「初めて」を発表 (2015.1.12)

9(2)

 

【この記事の要約】

 
1.Patch of Landは初日からエクイティプロジェクトよりも不動産債務投資に独占的に焦点を当てることを選んだ。

 
2.初の事前投資不動産ローンを提供するPatch of Landのプリファンディング原理は、ディベロッパーの優良投資の機会の確保を助け、再建の開始の遅延を減らす。

 
3.クラウドファンディングムーブメントへの支持を示す為、Patch of Landは自社のシードラウンドの実施にあたりSeedInvestと提携し、2ヶ月以内でファンドライジングの目標を上回り、公式にアメリカ初、自社をクラウドファンドする不動産クラウドファンディング会社となった。

 

Patch of Landの創業者はエクイティオファーリングよりもデットオファーリングの方が拡張性がありリスクが低いと信じている。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.