【海外】台湾における青年起業家のための新しいクラウドファンディングプラットフォームの創設 (2015.1.11)

3(2)

 

【この記事の要約】

 

台湾金融監視委員会(FSC)は、新しいクラウドファンディングプラットフォームの創設と、2015年3月早々にウェブサイトの開設を計画しています。

 
このプラットフォームは、小・非公共・革新的な会社のためのプラットフォームとして創設され、

起業家カウンセリングや資金集めとしての機能を提供します。

 

 

 

一方で、台湾にはGISA という、刷新的な会社に必要な資金獲得の手助けをする組織もあります。

 

今回のプラットフォーム設立は、小企業や起業家に即座に援助をもたらすことが予想されています。

 

現在クラウドファンディングはアジアに広がっており、

たとえばDemoHour, AngelCrunch, FlyingV は、その中でも最も人気のあるプラットフォームで、柔軟なクラウドファンディングのモデルを使用していることがその人気の要因だと言われています。

 

 

クラウドファンディングプラットフォームの詳細についてはまだ承認されていないが、このサイトは青年起業家の資金収集に役立つだけではなく、個人投機資金の典型となることが予想されます。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.