【海外】脅迫やサイバー攻撃を受け、Kickstarterキャンペーンの金正恩総書記がテーマとなったゲームが開発中止(2015.01.10)

記事4

 

【この記事の要約】

 

1.ソニーサイバー攻撃の事件後、新映画The Interview(金正恩総書記が死ぬシーンが入っていた)が一旦上映中止になった後、全てが穏やかになったかと思った。しかしハッカー達は新たなターゲットを見つけた。それは、金正恩総書記をメインとした新しいゲームだ。

 
2.Glorious Leader!(輝かしき指導者!)は、アトランタをベースとする開発者が、Kickstarterのクラウドファンディングキャンペーンで資金調達をし、ゲーム開発を発表。
キャンペーンのサイトでは、アメリカ軍と戦い、下等な西洋ゲームを止め、我らが偉大な国を守ろうではないかというゲーム紹介があり、最先端技術を駆使した音や映像が使われている。

 
3.さほどこのゲームは大ヒットはしなかった。しかし、キャンペーン中に同社はシステムがハッキングされた為に、開発をキャンセルする旨発表。「クリスマス休暇中に、ソニーのハッキング騒動に便乗したハッカーの餌食になってしまった」と同社はコメント。

 
4.また脅迫なども以前からあったが、さほど深刻には受け止めていなかった旨も明らかにした。

 

ハッキング事件が相次ぎ、「北朝鮮の仕業ではないか?」など憶測が飛び交うがきちんと犯人を追及、再発防止に努めてもらいたいものである。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.