【海外】連邦政府の懸念の素であるクラウドファンディングの州規制からの回避を選ぶFundrise (2015.1.11)

1(2)

 

【この記事の要約】

 
1.急成長している不動産クラウドファンディングプラットフォームのFundriseは、アメリカ国内で多くの州において増加する取引の手配を行なっているが、連邦政府の規制への波及を恐れて、州におけるの数々のクラウドファンディング規制を避けている。

 
2.昨年、経済成長に拍車をかけるために州法が成立されたが、それによってファンドレイジング会社は連邦証券法に抵触する非常に大きなリスクにさらされることになる。

 
3.連邦政府の介入による懸念は深刻なリスクであり、たとえプラットフォームが普及しても議論の可能性もあり、連邦政府と州の間での規制やルールの相違はコストのかかる争いになるであろう。

 

周知の通り投資と復興をどこよりも必要とするデトロイトのように、不動産クラウドファンディングはミシガン州やその他の地域にて、正当な取引における建設的な促進剤としての役割をつとめることになるだろう。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.