【海外】2014年が終わり、今後のインドのクラウドファンディングに何が起きるか?

crowdfunding_india_2015

 

この記事の要約

 

1.インドでは昔からクラウドファンディングの下地と言える文化があり、とりわけクラウドファンディングが新しい現象というわけではない。多くの産業や映画が大衆や小口投資家によって支えられてきた歴史がある。

 

2. クラウドファンディングは近年急成長を遂げ、多くの経済効果、雇用を生み出している。SEBI(Securities and Exchange Board of India)は公平な競争の為に新たな規制を提案し、投資家もファンド・プラットフォームの登場で投資を加速させようとしている。

 

3.芸術活動に関する事業や地方自治体や社会全体に働きかけるソーシャル・クラウドファンディングも登場し、多くの新規事業が投資を募っている。メディアでも大きく報じられるようになり、クラウドファンディングの知名度、普及度は上昇している。

 

4.Fintech企業によって新たなビジネスモデルが模索され、新規事業の市場調査としてのクラウドファンディングへの考え方が登場し、クラウドファンディングは単なる投資募集の手段ではなく、社会全体に影響を与えうる存在になりつつある。

 

 

2015年はクラウドファンディングの本当の姿が明らかになり、クラウドファンディング市場全体の成長に必要な要素が明らかになるだろう。

 

 

引用元 はこちら。

2014 and looking ahead: what’s in store for crowdfunding in India?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.