【海外】2015年の投資型クラウドファンディングへの期待

crowd-caucus-academic-crowdfunding-250x187-1

 

この記事の要約

 
1. 米国の中小規模企業が不特定多数の投資家を募って資金調達しやすくするための環境整備が行われているが2014年はクラウドファンディングに関する法律の進展があまりなかった。

 
2. しかし、行き詰まりを打開するための規制緩和を求める声は議会にも根強く、2015年については期待できそうだと見る向きが多い(筆者 Samuel S. Guzik もそう考える)。

 
3. 2015年には、SECによる出資規則の改正(Regulation A+)、連邦議会による JOBS Actの修正など、いくつかの進展が期待できる。

 

 

今後は法整備が進み、中小規模企業にとって資金調達が幾分容易になりそうだ。

 

引用元 はこちら。

Investment Crowdfunding in 2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.