【海外】Biz2Creditによる見解:大手銀行はビジネスへの融資を減らしている。

__5

 

【この記事の要約】

 

 
1.Biz2Creditの調べによると、大手銀行の企業におけるビジネス投資額が減少していることを公表した。

 

 
2.CEOの Rohit Arora氏曰く、

 

「大手銀行の昨年の小規模ビジネスに対し契約を進める意向を見せていたが、組織的な貸主が市場に参入してきて質の高い借り手を引き付けている」

 

「平均値としては減少だったものの、政策の影響がありながらもスモールビジネスに投資している大手銀行は昨年11月に比べて約20%程度の上昇を見せており、今年はいまだかつてない程起業家にとっては投資を受ける好機になると予想される。」とのこと。

 

 

3.中小銀行による投資金額はわずかながら減少を見せているが、一年ごとの比較で見ると大手銀行内ではスモールビジネスへの投資の承認率が高く目立っている一方で、中小銀行では停滞している。

 

 

4.組織的な投資者による投資額は2014年1月にBiz2Creditがモニタリングを開始してからは一貫して上昇を続けている。

 

 

5.投資銀行や金融業者、非銀行金融組織などの代替機関における投資額承認率は減少傾向にあり、クレジット機関におけるローン承認率は前月と比べるとやや上昇しているが、年ごとに比較すると降下しており、小規模ビジネスとしては補足的な選択肢であることが証明されている。

 

 

大手銀行における小規模ビジネスへの投資は相互にメリットが大きく、今後も増え続けると思われる。

 

引用元はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.