【海外】Coinsetter Bitcoin Exchange はマージン取引と短略化を提案

5(4)

 

 

【この記事の要約】

 
1.Coinsetter bitcoin exchangeは法人顧客に対し、委託証拠金口座と「ポスト取引和解」で取引ができることを発表した。

 

ポスト取引和解で、顧客は保証金を儲ける前にCoinsetterの注文控え帳に取引をのせることができるようになるため、残高が多くなくても取引ができ、第三者に露呈する危険も制限できる。

 

特定の顧客は同様にShort Bitcoinにも入ることができる。

 

 
2.CoinsetterのCEO、Jaron Lukasiewiczはこう言う。

 

「我々は12月からポスト取引和解提供品を選ばれた法人顧客でテストしており、その価値は明らかだ。大幅に削られているbitcoinsまたは縛られてい米ドル資産について心配しなければならないことなく、Coinsetterの法人顧客(その人の多くはbitcoinスペースで重要な機関投資家を代表する)は、現在流動性にアクセスすることができる。」

 

 
3.Coinsetterはこの新機能が、ビットコイン市場で安全性と基盤を改良すると考えている。

 

先週のテストでは、ビットスタンプのハッキング攻撃が減少した。

 

ビットコインから抵当を入れておけば、Coinsetterでは選ばれた企業がマージンでbitcoinを売り買いすることができ、取引実行後に残高が清算される。

 

このモデルは、ウォール街の他の市場でも取引和解の方法として提携されている。

 

 
4.Coinsetterの経験豊かなチームは、依頼人に世界で最も先進のbitcoin Coinsetter exchangeを提供することを約束する。

 

「我々の最優先事項は安全性であり、すべてのユーザーはCoinsetterのSecuricoin技術の恩恵を受けることができる。BitcoinsはSecuricoin®システムにより、インターネットに決して直接触れない非常に保護されたオフラインの財布で守られている」と、Jaron Lukasiewiczは付け加えた。

 

 

Coinsetter bitcoin exchangeが提案する「ポスト取引和解」で、利用者は残高が十分でなくてもビットコインを使って取引ができるようになる。

 
引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.