【海外】FundingKnight「需要が融資限度額を£500,000まで押し上げる」

8-1

 

【この記事の要約】

 

1.Southamptonに拠点を置き、製造業界のセグメントをターゲットとするP2Pの貸し手であるFundingKnightは、需要に合わせて融資限度額を£500,000に上げた旨を発表した。

 

2.FundingKnight のCEO、グレアム·マーシャルは限度額の変更について、「この決定はニーズにこたえた結果であり、市場にも大きなインパクトを与えるだろう。そしてこれが市場の拡大につながることを貴台している」と言及した。

 
3.プラットフォームのローンは現在、最大最長5年の期間で25,000ポンドから50万ポンドの範囲で、借り手は、少なくとも2年間は稼働していなければならず、FundingKnightは貸し出しの際には入念に取調べを実施する。

FundingKnightは平均約£83000の規模で127の融資を完了している。

 
4.マーシャルは、主に金融サービスセクターで事業の創出で30年以上の経験を持っており、以前は彼はエクイティリリースビジネスの専門家Sovereign Reversions plcを創立していた。

 
5.FundingKnight審議会は GLI Finance LimitedのCEO兼Director of Hastings Insurance Group Limited非執行取締役のジェフ·ミラーとシリコンバレーに拠点を置く金融サービス部門に特化した技術会社のKurtosysの創設者の一人であるマッシュパテルが含まれる。

 

 
限度額の上昇によって今後融資が盛んに行われるようになるだろう。そして需要に基づいてシステムが変わればますます市場は拡大するだろう。

 
引用元はこちら。

FundingKnight Says Demand Pushes them to Raise Loan Limit to £500,000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.