【海外】Lending Club のカバレージは市場平均以下で開始

8(2)

 

【この記事の要約】

 
1.ピアトゥピア(P2P)・プラットホームとして主要な会社であるLending Club (LC)のカバレージは、目標額の17.75ドルを下回るというスターン・アギーの報告を受けた。

 

LCはオフマーケットの今日、8パーセント以上シェアを下げた21ドルを超えたところで終了した。

 

 
2.Lending Club は若い会社の独立イベントにおける公的株式取引のための最初のP2P貸付プラットホームである。

 

Lending Clubは年度末前には、他のP2PレンダーOnDeckの上場株に続いた。

 

スターン・アギーはLending ClubがNYSEにリストアップされるちょうど前にプレIPOレポートを発行しており、ここでは13から17ドルの値幅を予想していた。

 

 

3.スターン・アギーはその時、こう引用されている。

 

「我々の予想では、2017年までに、それぞれ、目標とされた寄付金と調節されたEBITDAのマージンの50から40パーセントを支払っている間、LendingClubが収益で10億ドル以上を生み出すことができる。それぞれ、2015、2016、2017に0.15ドル、0.53ドル、0.75ドルの現金ベースのEPSを推定している。」

 

 
4.Lending Clubは所得はわずかで、数十億をローンで取引した。

 

LendingClubの劇的な成長予想が続く限り、割当価格設定は典型的PEに交換できない。

 

業界支援者はP2P貸し手側のアドレス指定可能な市場が国内で2兆7000億ドル程度に達すると主張する。

 

LendingClubは国際的な成長を視野に入れていると明らかにした。

 

 

ピアトゥピアの主要企業であるLending Clubは目標額を下回ったが、将来的には国際的な成長を視野に入れるだろう。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.