【海外】P2P グローバル投資が新有価証券募集の目論見書を発表

20150160944

 

【この記事の要約】

 
1. P2P グローバル投資 は、C Shareの申し込みを2憶ポンド増加させるために、新しい資金調達を開始したと先週発表し、その目論見書を発行した。

 

P2P グローバル投資 はヨーロッパとアメリカのP2Pプラットホームで年利換算5~15パーセントの利益を目標としている。

 

ひとつのプラットホームに33パーセント以上集中しないようにするとしているが、この制限は変わるかもしれない。

 

 
2. 消費者金融、SMEローン、会社取引受取勘定に対する値上がり株やプラットホームを通して始められた会社取引受取勘定(Credit Assets)の購入品に、当企業は投資する。

 

当企業は、一般的に5~15パーセントを目標とするネット年率換算された収益でCredit Assetsに投資しようとしている。

 

 
3.プラットホームでは適切な専門知識をもって必要な操作が確実に行われるようにするために、投資マネージャーが徹底してドゥー・ディリジェン・プロセスに従事するとP2Pは述べている。

 

 
4.今後の予定は次のとおり。

 

・資本売り出しの契約における最新日時は1月26日午後5時。

・資本売り出し結果の公表と仲介業者募集は1月27日。

・C Sharesへの選考と売買開始は1月29日。

 

P2Pグローバル投資は新しい運用資金調達を画策しているようだ。

 

引用元はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.