【海外】人質事件の被害者の友人が未亡人と子供のためのクラウドファンディングのキャンペーン開始

10-1

 

【この記事の要約】

 

1.Charlie Hebdo本部の悲惨な襲撃事件の2日後、Porte de Vincennes(パリの20区)にあるHypercacher Kosherのスーパーマーケットで人質事件が発生。

犯人は警官によって射殺されたがその場にいた4人のユダヤ人の命が犯人の手によって犠牲となった。

現在その犠牲者であるPhilippe Brahamの友人がクラウドファンディングを通じて被害者の家族を支援を募っている。

 

2.エルサレムポストによると、被害者家族のための資金集めはCharlie Hebdoの被害者家族のためのキャンペーンを実施したクラウドファンディングプラットフォームLeetchiで開始された。

被害者のFrançois Michel Saada、Yoav Hattab、Yoram Cohenはそれぞれ€4,166、€13,204および€683のみ受け取り、Philippe Brahamのキャンペーンは、2606人の人から€160,000集まった。

 

3.小切手を郵送希望の方はこちら:Synagogue de Cachan, 28/30 ave Beausejour, 94230, ACCIC (the Cultural Association of Cachan)行き

 

4.Louisはこのキャンペーンがユダヤ教のコミュニティとメディアの強さの両方が示されたと述べた。

またユダヤ教、キリスト教、イスラム教の人々がそして、アメリカ、スペイン、イスラエルそしてイタリアを含む様々な国から資金が集まった旨を公表した。

 

5.Leetchi はCharlie Hebdo projectのような犠牲者にささげるキャンペーンにおいては、手数料を取らない決定をした。

 

今後は他のプラットホームでもこういったプロジェクトが実施されるようになり、これが新しい募金の新たなかたちとなるかもしれない。

 

引用元はこちら。

Friend of Porte de Vincennes Hostage Crisis Victim Launches Crowdfunding Campaign For Widow & Children

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.