【概況報告】クラウドファンディングの3つの種類

CFN

クラウドファンディングの3つの種類とは

 

クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって大別される。

 

金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」がある。

 

日本においては資金決済に関する法律等によって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングが普及している。

 

また、ソーシャルレンディングと言われる個人から少額の資金を募り投資を行うモデルも、近年は投資型クラウドファンディングと位置づけられ、クラウドレンディングとも通称され、国内では既に60億円近い実績がある。

 

引用:wikipedia/クラウドファンディング

 

クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって大別される。

1.「寄付型」、2.「投資型」、3.「購入型」の3種類がある。

 

 

日本のクラウドファンディング

 

○主流の種類

 

日本に存在するクラウドファンディングでは、「購入型」がメイン。

プロジェクトオーナーが、そのプロジェクトにまつわるものをリターンとして支援者に送っている。

 

○リターンについて

 

リターンの内容として一般的なものは、御礼の手紙や、メールによるメッセージ。

支援金額としては、100~500円ほど。

他にもロゴシール・オリジナルTシャツなども一般的にリターンとして設定される。

 

支援金額が上がるにつれて、当然リターンも大きいものになっていく。

例えば、「地元の活性化」プロジェクトであれば、地元の農作物・お菓子・ジュースなど。

例えば、「ゲストハウスを作る」プロジェクトであれば、宿泊券などをリターンとして支援者に送る。

 

「プロジェクトのオーナーが何をリターンとして設定しているか」もプロジェクト成功の要因のひとつになっているのではないだろうか。

 

金額とリターン内容ひとつとっても、オーナーのそのプロジェクトへの想いが反映されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.