【成功者インタビュー(前編)】「野生のイルカの映像をプラネタリウムのドームで上映する!」~草地さんがこのプロジェクトに懸ける想いとは?~

■取り組んでいたプロジェクトにつきまして

 

kusachisan2

 

 

○実施したプロジェクトについての概要を教えて下さい。

 

私達が行った「イルカ×プラネタリウム」は、野生のイルカの映像をプラネタリウムのドームで上映するというプロジェクトです。

 

通常の平面のスクリーンとは違い、ドームで上映することで頭上にイルカの映像が大きく広がります。

まるで海の底からイルカを見上げるような感覚で、映像を楽しんでいただくことができます。

 

 

○そのプロジェクトを行おうと思った経緯について教えて下さい。

 

元々は、野生イルカの映像を撮影していたビデオグラファーの「イルカの映像を、もっと水中に近い感覚で楽しんでもらいたい」という考えから始まりました。

そこで彼女はドームでの上映を思い立ち、まずは自分のお客様向けの上映会を始めていたんです。

 

私は「野生イルカのことを多くの人に知ってもらいたい。自然や生き物をもっと身近に感じ、大切に思ってほしい。」と、彼女とは別に数人で活動をしていました。

そのメンバーの1人が彼女の上映を見て感動し、「このイベントをもっと多くの人に見てもらえたら」とみんなに持ち掛けて、私も彼女のアイディアはもちろん、イルカや自然への思いにも共感して、そこからプロジェクトが本格的にスタートしました。

 

○プロジェクトの醍醐味を教えて下さい。

 

やはり何と言っても、このプロジェクトに賛同して下さった多くの方がイベントへ足を運んで下さったこと。

そして、「感動しました」「癒されました」とのお声をいただけたことです。

上映後のアンケートでは、感動して涙が出ました、という声もたくさんいただきました。
開催まではもちろん簡単な道のりではありませんでしたが、上映を成功させたことで全てが吹き飛びました。
また、メンバー同士で笑ったり悩んだり真剣に語ったり、一緒にイベントを作り上げることで、メンバーのつながりも深くなった気がします。

 

 

kusachisan3

 

 

草地さんの「クラウドファンディング体験談」「プロジェクトを始めようと思っている方へのアドバイス」もお伺いしました !(後編に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.