【成功者インタビュー】「糸島電力市民発電プロジェクト始動へ! 活動拠点となる「いとしま電力総合研究所」を設立したい 」~吉本さんがこのプロジェクトに懸ける想いとは?~

子供たちと未来のために、安全安心の社会を作るという遣り甲斐や、楽しさを感じています。

 

ito

 

 

crowdfundnews編集者(以下、編集) 吉本さん、今回はインタビューを受けて下さいましてありがとうございます。今取り組んでいるプロジェクトについて、概要と現在の状況をお伺いできますか。

 

吉本さん(以下、吉本) はい。現在、福岡県糸島市を自然エネルギータウンにするために、発電事業やイベントなどを開催しています。

 

(※編集注…九電ショックの影響もあり、発電等は進んでなくこれからスタートする、とのことです。)

 

 

編集 その「エネルギータウン」をつくっていくプロジェクトの魅力はどんなところにありますでしょうか。

 

 

吉本 「日本のエネルギーシフトの力になる」ということ。あとは、子供たちと未来のために、安全安心の社会を作るという遣り甲斐や、楽しさを感じています。

 

編集 未来の社会に貢献する、素敵なプロジェクトですね。

 

 

 

 

 

限られた時間で、SNS発信、電話やメール、訪問などを行うことは楽しくもハードでした。

 

 

ito2

 

編集 今回のプロジェクトを、クラウドファンディングで募集をしようと思った理由はありますか。

 

吉本 はい。まずは運営とスタートアップのための資金を応援してもらいたかったこと、そして私たちの活動を知ってもらうこと、の2点です。

 

編集 おっしゃる通り、クラウドファンディングには認知の要素も含まれていると思います。では実際にクラウドファンディングを実施してみて、大変だったことはありますか。

 

吉本 クラウドファンディングサイトに掲載すれば、ファンドレイジングは進むと思っていました。しかし実際には友人や知人への地道な声掛けが必須だということを感じました。限られた時間で、SNS発信、電話やメール、訪問などを行うことは楽しくもハードでした。

 

編集 掲載するだけではなく、掲載後にどれだけ地道に取り組めるかが成功のカギかもしれませんね。

 

 

 

 

 

万一、上手くいかなくても、自分たちの活動計画や目標を整理する機会や、それを多くの人に知ってもらえるきっかけになる

 

 

ito3

 

編集 今後、クラウドファンディングを実施しようとする方に対して、アドバイスやメッセージをお願いします。

 

吉本 はい。まずは、事前に友人知人や影響力ある人に、周知の協力をしてもらえるよう声をかけておくこと。また、思うとおりにファンドレイジングが出来なくても、粘り強く熱意や内容を伝え続ければ、一見反応がなくとも皆見てくれているので、成功する確率は高まると思います。

 

編集 諦めずに熱意を伝え続けることも大事ですね。今「クラウドファンディングをやってみようか迷っている方へのメッセージ」をお願いします。

 

吉本 はい。先ほど述べたように、しっかりとした 準備と強い想いがあれば、きっと成功すると思います。万一、上手くいかなくても、自分たちの活動計画や目標を整理する機会や、それを多くの人に知ってもらえるきっかけになると思います。

 

編集 ありがとうございます。では、最後に、今後の活動について、メッセージをお願いいたします。

 

吉本 沢山の方の応援と期待を頂きスタートした私たちの活動ですが、まだまだこれからです。プロジェクトは思う通りに進んでいませんが、諦めることなく、必ず目的目標を実現していきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

編集 吉本さん、今回は貴重なお話ありがとうございました。

 

吉本 ありがとうございました。

 

ito4

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.