【おすすめプロジェクト紹介】 近所の農家が探せる、買えるアプリ!!「ファミーゴ」

今回は、西辻さんのプロジェクトを取り上げました。
ぜひご覧ください!(プロジェクトページへ

 

 

【自己紹介】

 

top

 

 

こんにちは、株式会社マイファームの西辻と申します。

 

2007年より自産自消ができる社会を創るという理念のもと耕作放棄地を活用して様々なサービスを提供してきました。

 

 

【実施するプロジェクト】

 

■どんなプロジェクトなのでしょうか?

 

fami

 

様々なサービスを提供する中で見つかった課題が、

 

地元に帰って生産をしても、

近所のコミュニティが壊れつつあるために販売ができず、

弊社の八百屋のあるところまで運んでいる、

というものでした。

 

その一方で、

地元には買い物難民と呼ばれる高齢者が多く存在をしており、

遠距離の買い物ができない状態にあり、

それをつなげたいと思いプロジェクトをスタートさせました。

 

 

この課題を解決するプロジェクト、それが「ファミーゴ」です。

 

fami2

 

 

「ファミーゴ」とは、「農家が近所の消費者とつながって、効率よく配達できるCtoCの仕組み」を表したプロジェクト名です。

 

このサービスの受益者は3者で、生産者、消費者、そして仲介者のそれぞれがメリットを得られる仕組みとなっています。

 

また、ご近所同士で親密になってくれば直接取引をしてもらっていい形をとっており、

ソーシャルプラットフォームとして社会全体の利益を優先させることも大事なポイントのひとつです。

 

 

 
■支援金はどのような使い道でしょうか?

 

システム「ファミーゴ」の開発費5,000,000円の内の一部に使用させて頂きます。

 

myfarm

 

 

 

「もう一度当たり前だったことが当たり前のようにできる地域コミュニティを創りましょう!」

 

■このプロジェクトを通して、何を成し遂げたいのでしょうか?

 

fami3

 

世界の中で日本の農業の一番素晴らしいところは「日本人が作っていること」と言われており、決して技術や機械とは言われません。

 

この「日本人が作っている」という言葉の裏にあるのは、「きっときめ細かく丁寧に作っているだろう」という安心感を持っているからで、単なる「安全」とは別物だと考えています。

 

この「安心感」を私はもう一度、地域に作りたいと思い、このプロジェクトを起案しました。

 

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

 

とても素敵なプロジェクトです。

このプロジェクトに興味のある方は、こちらから応援をお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.