【プロジェクト紹介】 日本の障がい児童達がカンボジアの子供に教科書を届けに行く!

 

今回は、【僕たちが世界の何かを変えてやるプロジェクト】より石田智子さんのプロジェクトを取り上げました。ぜひご覧ください!

 

 

プロジェクトページはこちら。

 

日本の障がい児童達がカンボジアの子供に教科書を届けに行く!

 

 

自己紹介

 

1

 

 

私はデザイナーとして、障がい者支援施設に5年携わり、そこで「障がい児童」と呼ばれ、不充分な教育環境、才能はあるのに夢を描ききれない環境に身を置く子ども達を見てきました。

 

どうにか彼らのパワーや感性を活かし、煌めくような熱い経験をさせたい!と思ったことがキッカケで、彼らの可能性を信じて引き出す【僕たちが世界の何かを変えてやる】プロジェクト(僕プロ)をスタートしました。

 

障がいを抱えた子ども達が主体的に考え、動き、声をあげるプロジェクトを目指し、まずは「カンボジア支援」を行うべく第一弾をスタートしました!

 

 

実施するプロジェクト

 

2

 

 

夢を描けなかったこどもたちが、夢を選べないこどもたちに、夢をつなぐプロジェクト!

 

本プロジェクト、通称【僕プロ】では、発達障がい・身体障がい・知的障がいなど様々なハンディキャップを抱え施設に通う小中高生が集まり「誰かのためにできること」をテーマに社会貢献を通して、支援されるだけでなく自分にも「誰かのためにできることがある」という気持ちを養ってもらうために始めたプロジェクト。

 

現在は自分たちで決めたテーマ第一弾として、縁があった国、学校に通えず母国語の読み書きさえできないカンボジアの子供達に「教科書を届けたい!」そして「自分たちの手で届けたい!」と真剣に想いで街頭募金活動を開始。

 

しかし、さらなる支援の輪を広げること、障がい児童の現状、カンボジアの子供達の現状などを一人でも多くの人たちに伝えたいとクラウドファンディングに挑戦しました!

 

 

○カンボジアの「夢を選べないこどもたち」に贈る、教科書の制作費用とメンバーの渡航資金が足りていません!

 

・オリジナルの日本語教科書制作費 500部

※ゴミ山で暮らす子供達、孤児院やスラムで暮らす子供達、日本語学校や小学校に配布予定。

 

・メンバーと同行スタッフの渡航費用

 

 

3

 

 

○教科書プレゼントを通して両国の子供達に「青春時代」を贈りたい!

 

4

 

 

物資の豊かさは違えど、学ぶ場や経験できる機会、未来の選択肢が少ないメンバーには、貧しくて夢を選ぶことの出来ないカンボジアの子供達に共感する部分が多々有りました。

 

教科書の内容は、職業や未来の選択肢、夢を知らない子供達に、様々な職業の存在を伝えながら「夢を持つキッカケ」を与えられるような内容に決定しています。

 

日本語も同時に学べ、読み書きができない子供のために母国語のクメール語練習帳にもなるものを制作中。

 

また挿絵には全国の障がい児童からイラストを募集して掲載していきます。未来を担う両国の子供たちが出会いふれ合い、お互いを刺激し合い、学び合える関係になることを期待して活動に励んでいます。

 

一人でも多くの「夢を知らない」カンボジアの子供達に教科書を届けられるように

 

また、障がいを持って生まれ、「青春時代」を味わったことの無いメンバー達に、煌めくような熱い体験を通して、ただの言葉だけ整った「社会貢献活動」でなく、彼らの心に刻まれ、誰かを想いながら活動することによって、欠けていた情緒を取り戻せるような活動を続けていくつもりでいます。

 

皆様のご支援、よろしくお願いいたします。

 

 

とても素敵なプロジェクトです。

このプロジェクトに興味のある方は、下記リンクから応援をお願いいたします!

 

 

 

プロジェクトページはこちら。

日本の障がい児童達がカンボジアの子供に教科書を届けに行く!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.