【プロジェクト紹介:特別インタビュー】「シチリア農家と直接契約!単一種100%の搾り立てオリーブオイルをお届けします!」

 

今回は、「シチリア農家と直接契約!単一種100%の搾り立てオリーブオイルをお届けします!」というプロジェクトを実施中の鎌田さんにインタビューを行いました。

 

 

「単一種100%の濃厚エキストラバージンオリーブオイルをお届けします!」

 

crowdfundnews編集者(以下、編集) 鎌田さん、今回はインタビューを受けて下さいましてありがとうございます。今取り組んでいるプロジェクトについて、概要をお伺いできますか。

 

 

鎌田さん(以下、鎌田) はい。このプロジェクトは弊社がシチリア農家と直接契約をし、単一種100%の濃厚エキストラバージンオリーブオイルをお届けします!というものです。

 

1

 

さらに容器は、弊社独自の中身が空気に触れない密封ボトルで酸化を防ぎ、長く新鮮な味をお楽しみいただけます。

 

オリーブオイルの輸入プロジェクトは、おかげさまでこれまでクラウドファンディングを一昨年、昨年と2回達成しました。今回で3回目の挑戦となります。

 

2

 

 

編集 今回は3回目の挑戦なのですね!しかも1・2回ともに成功していらっしゃるとのことで、「このオリーブオイルが好き」という方も多くいらっしゃるのでしょうね。

 

では次にプロジェクトの現在の状況をお伺いできますか。

 

 

鎌田 はい。現在、目標金額には達しているので輸入手続きを開始しました。オイルに関しては、貯蔵用のタンクから輸出用の5L缶に充填をしてもらっているところです。

 

それにストレッチゴールも達成したので、遮光カバーづくり、配布も決定しました。あとは、サポーターの方々にしっかりとオイルをお届けすることを第一に考えています!

 

3

 

編集 現在はプロジェクト達成しただけではなく、ストレッチゴールも達成しているのですね!人気商品であることがよく分かりました。サポーターさんへ準備も着々と進んでいるということですね。ありがとうございます。

 

では、このオリーブオイルのプロジェクトを実施するに至った経緯をお伺いできますか。

 

 

鎌田 はい。元々このオリーブオイルプロジェクトは、三年前に私の父(現クォーレ インターナショナル会長)が始めました。

 

関心を持った私は、第二弾のための視察に同行し、現地で感動を味わったことがきっかけになりました。

 

次回からは私が主導で手掛けようと思ったのが今回の第三弾の経緯です。

 

4

 

昨年の11月にシチリア島現地に今年の新オイルの出来を視察、取材に行きました。

 

そこで素晴らしい出来のオイルと出会えました。

 

ぜひ今年もクラウドファンディングで直接ファンの方にこのオリーブオイルをお届けしたいと思い、今回のプロジェクト実施に至ります。

 

 

編集 もともとはお父様の実施されていたプロジェクトであり、現地での素晴らしい出会いが鎌田さんのプロジェクト実施に至ったのですね。

 

 

「イタリアと日本の民間交流を活性化させていくことができるのではないかと将来の可能性を感じています。」

 

編集 今回のプロジェクトに対しての醍醐味を教えていただけますか。

 

鎌田 それは、私たちが「これ、うまい!!」と現地で感動したオリーブオイルをクラウドファンディングのコミュニティで、その感動を共有し、共に豊かになれるところですね。

 

私たちは、オリーブオイルを通じて人の交流を生み、イタリアと日本の民間交流を活性化させていくことができるのではないかと将来の可能性を感じています。
5

 

編集 イタリアと日本の国際交流にも貢献する、素敵なプロジェクトですね。

 

 

「体にも良いですし、なんといっても美味しくなる。この手軽さと和食との相性が、オリーブオイルの魅力です。」

 

編集 オリーブオイルのプロジェクトということで、今回のプロジェクトで発見したオリーブオイルの魅力を教えていただけますか。

 

鎌田 オリーブオイルの魅力を話すと長くなりますが(笑)、あたらしい気づきとしては、二点あります。

 

一つ目は鮮度がよければよいほど、美味しいという点です。

 

あたりまえだろというツッコミを受けそうですが、これが本当に美味しいんですね。今回、シチリアの搾油場でちょうどしぼりたてのオイルを試飲したのですが、びっくりしました。

 

色、香り、とろみが今まで日本に食べていたものと格段に違うんです。

 

やっぱり鮮度が命で、絞りたてをお届けしたいという思いが強くなりました。

 

6

 

二つ目ですが、和食に合う点です。

 

地中海式和食というものが最近出てきましたが、納豆やお味噌汁など、いわゆる定番和食にこのオリーブオイルがとてもマッチするんです。

 

体にも良いですし、なんといっても美味しくなる。この手軽さと和食との相性が、オリーブオイルの魅力です。

 

7

(豆腐とトマトのカプレーゼ)

 

編集 和食に合うというのはとても興味深いですね。

 

 

「私もいつかここで暮らしたい、そう思わせてくれる素晴らしい場所です。」

 

編集 オリーブオイルの輸入先について、どのような場所かお伺いできますか。

 

 

鎌田 今回のプロジェクトのオリーブオイルは、イタリアの南、地中海最大の島であるシチリア島のアグリジェント地方の単一農園から輸入します。

 

アグリジェントは、歴史的にも有名な街で、いたるところに観光スポットがある遺跡都市です。火山地帯の肥沃な土壌と北アフリカからの暑く乾いた風、地中海からの潮風により、オリーブにとって最適の育成環境を形成しています。

 

そこで暮らす人々にも、地中海らしいゆとりがあり、また行きたい、いや、私もいつかここで暮らしたい、そう思わせてくれる素晴らしい場所です。

 

いつかオリーブ畑をしてみたいですね。

 

8

 

 

「毎年継続的に新鮮で美味しいオイルをお届けできるようにしていきたいです。」

 

編集 最後に、今後の活動についてメッセージをお願いいたします。

 

鎌田 まずは、プロジェクト達成まで走りきります!毎年継続的に新鮮で美味しいオイルをお届けできるようにしていきたいです。

 

今後もより多くの方に感動をお届けできるように頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします!

 

9

 

編集 鎌田さん、今回は貴重なお話ありがとうございました。

 

鎌田 ありがとうございました。

 

 

 

とても素敵なプロジェクトです。

こちらのプロジェクトに興味のある方は、是非下記からご支援よろしくお願いいたします!

 

 

プロジェクトはこちらから。

 

「シチリア農家と直接契約!単一種100%の搾り立てオリーブオイルをお届けします!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.