インドネシアに扇風機とミシンを。子どもたちに学びの場を!

夢を持つ子どもたちに、より良い環境で勉強してほしい!

こんにちは!一橋大学社会学部3年の浦上華穂(うらかみかほ)です。

この春、私はインドネシアスマランで子ども達に授業をするという、「アイセック」の海外インターンシップに参加しました。

 

このインターンシップの中で、Rubbik(ルビック)というNGO団体に出会いました。

Rubbikは、貧しい子どもたちが将来の夢を叶えるための勉強として放課後学校を開催しています。

しかし、現地では活動を支援してくれる人が少なく、手芸品を作り、これらを販売して得た資金が団体の活動に充てられています。

 

このプロジェクトは、Rubbikの子どもたちが勉強を続けられるように寄付金を送ります。

寄付金で、暑い夏を過ごすために必要な扇風機と、手芸品を作るミシンが壊れてしまったので新しいミシンを購入してもらいます。

皆様のご支援よろしくお願いします。

Rubbikの方々との一枚です

その場限りの支援ではなく、継続的な支援を。

最初は警戒心を抱いてあまり近寄ってくれなかった子どもたちが、毎日通う内になついてくれました。

私のことを遊びに誘ってくれたとき、

受け入れてもらえたという感覚があり、とても嬉しかったことを覚えています。

彼らは私にとって年齢の離れた友達であり、この子たちが勉強できる場所を守るために何かしたいと思うようになりました。

そしてひどい雷雨が降った日が何度かあり、ある夜、Rubbikの方から連絡が来ました。

「雨で屋根が壊れてしまった」

私にとっては激しい雨だな程度の感覚だったのですが、そんな雨で屋根が壊れてしまうのかと衝撃を受けました。

少し高額な(日本人の私には安価と思える)修理費用を請求されてすぐには支払えないので困ったと相談されたのです。

 

私は何かしたいと思っていたし、大学生の私でも払えない額ではないと思って、その時は修理費用を負担しました。

しかし、これは良くないと思いました。

 

今回はたまたま私がいたから払えましたが、私はいずれ日本に帰る身であるし、私がいなければ誰が支払ったのだろうかと。

Rubbikのみの収入でお金は足りておらず、少ない支援者に頼っている現状に危機感を覚えました。

このままではいつか子どもたちが勉強できなくなってしまうと思い、インターンシップ帰国後も支援の方法を考えていました。

英語の勉強をしている子どもたちです!

30℃を超える気候でも扇風機1台だけ。手芸品を作るミシンも壊れてしまった。

現状を変えるためには、持続的な支援が必要になります。

クラウドファンディング自体は持続的な支援にはならないかもしれないですが、

このプロジェクトが少しでも多くの人の目にとまり、次の支援のきっかけになればと思っています。

 

スマランは平均気温が30℃で一年を通して暑い気候です。

Rubbikにはクーラーなどはなく、現在は1台の扇風機のみがあります。

団体の運営者に何が欲しいか、と今回聞いたところ、

「これからは乾期でもっと暑くなるから扇風機がもっとあれば、子どもたちはどこにいても涼しくなれると思うの」

と言っていました。

 

また、子どもたちが描いた絵をもとに、お母さんたちがポーチやキーリングなどの手芸品を作っています。

これらを販売して得た資金は、すべてRubbikの活動に充てられています。

このポーチを作るためのミシンが1台あったのですが、もともと古かったこともあり壊れてしまいました。

このままでは収入源である手芸品を作ることができなくなってしまいます。

授業風景です!熱心に先生の話を聞いています!

みなさまのご支援を子どもたちに届けます!

インドネシアでは、信号待ちをしている車に対し、

貧しい人々が新聞を売りに来たり、楽器を演奏してお金を乞いに来たりすることはよくあることです。

中には子どもだけで行っていることもよくあります。

Rubbikに来ている子どもたちも、かつてはこうしたことを行なっていたと言います。

 

このプロジェクトを通して、

インドネシアには学校に行きたくても親に行かせてもらえない子どもたちがいる一方で、

Rubbikのように子どもたちの夢を守る場所もあるということを、たくさんの人たちに知ってもらいたいです。

子どもたちの中には、勉強が楽しく、将来はお医者さんになりたいという夢を語る子どももいます。

 

また、Rubbikへの持続的な支援のきっかけになればと思っています。

子どもたちに与えられる経験も増え、たくさんのことを学ぶことができれば人生の可能性を広げることができると思います。

どうかご支援よろしくお願いします。

寄付金の使い道

今回は、

①勉強の環境を整える

②運営資金を継続して確保する

ために寄付金を送り扇風機2台とミシン1台を購入してもらいます。

扇風機:2台、ミシン:1台 81,640円

READYFORへの手数料    18,360円

合計            100,000円

※集まった支援金から手数料を差し引いた分をRubbikに送らせていただきます。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
みなさま応援よろしくお願いします!

子どもたちとお母さんの思いをリターンでお届けします。

今回、ご支援いただいた皆様には、

子どもたちとお母さんが作成したポーチやキーリング、

子どもたちが描いた絵をポストカードにしたものをお送りいたします。

 

本来Rubbikで販売している商品を、このプロジェクトのリターンとしたのは、

このプロジェクトを通して、Rubbikやその活動について知っていただくためです。

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもたちが描いた絵です!

 

【インドネシアに扇風機とミシンを。子どもたちに学びの場を!】

期間:2018年6月28日~8月3日

目標金額:10万円

プロジェクトページはこちら→https://readyfor.jp/projects/rubbik-kids