【お茶農家、一人娘の挑戦】生産者と消費者を結ぶオリジナル商品の開発!

▼はじめにご挨拶

プロジェクトをご覧くださり、誠にありがとうございます。
まるひで園佐野製茶工場の佐野香帆(さのかほ)と申します。

私は静岡県富士宮市の80年以上続くお茶農家の娘として生まれ、20歳まで富士山の麓の街で過ごしました。

お茶の生産地として有名な静岡県の中で主要な生産地の一つである富士宮市ですが、現在生産者の高齢化や後継者不足が深刻でお茶の農家数は減少の一途をたどっています。

私の実家も例外ではなく、畑仕事をしている祖父母は80歳手前になり父親も今年で55歳になります。

20歳から上京し東京の地で働いていましたが、今年から家業を手伝うことを決意し、

「静岡のお茶産業が元気になって欲しい」
「本当に美味しいお茶を知って欲しい」
「家族が作るお茶をより多くの方に飲んで欲しい」

という思いのもと活動をしています!

今回は、自社商品の開発費や老朽化した機材の修理費、その他広報活動などの資金を集めるためにクラウドファンディングに挑みます!
以下に静岡のお茶の現状や今後実行していきたいこと、そして私の想いをつづらせてせていただきます。

ぜひ応援よろしくお願いいたします!

CAMPFIREでのプロジェクトページはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/82436

▼お茶農家の危機

私のふるさとである富士宮市は静岡県の東部にある、富士山の町。
これでもかと言うくらい富士山を毎日見て育ちました。本当に大好きな街です。

市域内の高低差が3741mあり日本一高低差のある市で、
最近では、B級グルメの「富士宮焼きそば」で有名になりました。

全国の約4割を生産する日本一の生産地静岡県の中で主要な産地として昔からお茶の生産をしてきました。

富士宮市は、富士山の湧き水と質の良い土壌に恵まれお茶栽培に適していて、
富士宮の茶葉は柔らかくてお茶にすると綺麗な色が出ると言われています。

「静岡といえばお茶!!」と思う方が多いと思いますが、実は危機に直面しています。

後継者不足により生産者が年々減少し、かつて6万戸あったお茶農家は、現在では1万戸に満たない数となってしまっています。
また、高齢化も深刻で、従事者の6割以上が60歳以上、50代を含めると約9割を占め、今後お茶農家は今までよりも早いスピートで減っていくことが予測できます。

お茶の相場もここ15年で半分の価格になりました。

お茶農家がお茶の生産だけで生計を立てるのは非常に難しく、後継者不足の原因に繋がっているのが事実です。

▼お茶農家の後継者になることを決意

自己紹介でもお伝えしましたが、私の実家は80年以上続くお茶農家です。
いまは祖父母と父親で経営しています。

静岡県のお茶農家のピンチは私の実家も例外ではなく、経営的に苦しいなか今日まで家族でなんとかがんばってきました。

20歳で上京してからずっと東京で働きはじめるまではお金を稼ぐ大変さを知らなかった私ですが、
社会に出たことで祖父母・父親のありがたさに気づきました。

それから少しづつ、今まで考えてこなかった実家の仕事のことを考えるようになり、
祖父母そして父親が人生をかけてきたお茶栽培のリレーを自分がつないで、
ふるさとの富士宮・静岡のお茶産業がまた盛り上がるように貢献していきたい!という強い決意をしました。

 

▼目指すビジョン

私が目指す夢は、お茶産業が盛り上がること。
そのためには、まず農家が農家として生計を立てられることが大前提だと考えています。
生計が立てられないとお茶生産から離れる農家が増え、新しく農家になる人も現れず、消費者にいいものを届ける機会も失ってしまいます。

お茶生産だけで生計が成り立っている農家は多くはなく、この現状を打破するために農家自身が作る+売るを主体的に動く、そんな風土を作る活動したいと思います。

▼お茶農家の道しるべとなる

お茶農家が抱える様々な課題(後継者不足、相場価格の下落、お茶農家の減少など)を解決するために、現状のビジネスモデルではなく、消費者とお茶農家がダイレクトに繋がる接点を増やすことが必要ではないかと考えています。

インターネットの普及により、普通に生活していたら出会わない人とも繋がれる時代である一方で、時代の流れに追いつけていない農家さんが圧倒的に多いです!
また、モノづくりは一流でも、そのものの良さを消費者に伝えることが出来ず「いかに売るか」ということが苦手な農家さんがほとんどだと感じています。

そこで、私がモデルケースとなり地元・富士宮・静岡のお茶農家さんの道しるべになりたいと考えています。

既存のビジネスモデル

目指すビジネスモデル

▼今後の未来計画

私の実家である佐野製茶も例外ではなく、毎年生産した茶葉の全量を卸業者に販売してきました。

目指すVISIONに近づくため、2020年に実店舗(お茶カフェ)の運営に向けて
下にある未来計画で活動をしていきます!

まずは、消費者とダイレクトに繋がるための自社原料のみを使用した小売用商品の開発から着手します。

▼資金の使い道

今回、ご支援いただいた資金は第一ステップとして考えている、商品開発と販路開拓の活動費、その他の費用に充てさせていただきます。
現在、商品開発として自社農園で収穫できた茶葉のみを使用した茶粉末の販売に向けて動いております。

・茶粉末製造機
・資材代(袋・製造者シール)
・印刷代(白黒)
・加工費
・デザイン代
・荒茶製造機器のメンテナンス
・ECサイト改修費
・その他営業活動費

ご支援のほどよろしくお願いします!!

CAMPFIREでのプロジェクトページはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/82436

▼追記(お茶の効能)

お茶には体に良い効果がたくさんあるので紹介します。
お茶っていいこと尽くしですね!

お茶の効果・効能
カテキン(お茶の渋味成分)
→血中コレステロールの低下、がん予防、虫歯予防、抗菌作用、口臭予防(脱臭作用)など

カフェイン(お茶の苦味成分)
→覚醒作用(疲労感や眠気の除去)、二日酔い防止など

テアニン(お茶のうま味成分)
→神経細胞保護作用、リラックス作用(α波出現)

ビタミン類も豊富で、C、B2、葉酸、β-カロテン、Eなどが入っており、皮膚や粘膜の健康維持、動脈硬化予防などにも最適です。

 

 

CAMPFIREでのプロジェクトページはこちら
https://camp-fire.jp/projects/view/82436