発達障がいの子どもたちが「自分を好きになる」旅を届けたい!

プロジェクトページはこちらから。→https://readyfor.jp/projects/fastas-findtour

「できた!」という喜びを共有しあう「FIND TOUR」を、発達障がいと向き合う親子に届けたい。

ページをご覧いただき、ありがとうございます。

発達障がいという「個性」を持つ子を育てる母親であり、

「FASTAS」という任意団体を設立した井本麻衣子と申します。

 

私は、環境の変化をとても嫌う我が子の精神的ダメージを減らすことを目的に、

3年前から主治医と相談して海外生活を送るようになりました。

息子にとって、環境の変化に対するリスクよりも、

世界を広げるメリットに繋がると考えていた私は、

実際に海外生活を送ることで日本では当たり前にできることでも、

海外なら「特別な経験」になることが沢山あることを知りました。

「電車に乗ってひとりで出かける」

「おつかいをする」

「バスに乗って駅前まで行く」

「お菓子やアイスを買いにいく」

……何気ない日常も、子どもにとっては片言の英語を話しながら海外の方と交流することが「特別な経験」であり、

「大冒険」に繋がるのです。

 

そして、

自分が「できるんだ」という気持ちを得ることで、

次への挑戦の「糧」になります。

私はその経験と喜びを親子で共有することは挑戦への「勇気」へ繋がり、

親に「認められる」喜びは子どもにとって何にも代えがたい「力」となると考え、

発達障がいを抱える子どもとその親のための「FIND TOUR」を日本とシンガポールで実施することにしました!

 

小さな「できた」を親子で共有し、自分を好きになれる、

そして好きなことを見つける旅やイベント届けるための「FIND TOUR」に皆さまの温かいご支援をお願いいたします!

 

「親子のできた経験」を見つける。親視点でのプログラムで、他にはない体験を目指したい。

帰国後、発達障がいの子を持つ気の合う仲間と集まり、

海外生活で得ることができた「経験」を話しました。

すると聞こえてきたのは、

「我が子にもさせたいけど、そもそも団体行動が苦手な子とツアーに参加することも不安だし、個人ツアーを組む勇気もないなぁ」

という不安の声。

それなら、「発達障がいの子どもたちのためのプログラムを組んで親の視点で実践してみよう!」

そう思い、「FASTAS」を立ち上げた次第です。

 

現在、国内でも学校や専門機関において素晴らしい療育やプログラムが存在しますが、

家庭生活に根付いた中でできる「親子のできた経験」を見つけるためのプログラムはないように感じています。

 

「FASTAS」に込められた、

「Find And Seek, Take A Step.」

つまり、「見つけよう、探そう、そして一歩前に踏み出そう」という意味の通り、

発達障がいの枠組みの中で思い悩み立ち止まる親子と一緒にその悩みを共有し、

当事者ならではの経験と考えを出し合って、子どもたちと前に進む力に変えるためのプロジェクトです。

子どもたちの不安を軽減することを大事に、3本柱での「FIND TOUR」実施へ。

今回の「FIND TOUR」は3本柱で行います。

この3つの企画には、子どもたちの不安を軽減するための「事前の学び」の時間を設け、

「見通し」を持たせることを重要としています。

そして、「学ぶ側から教える側へ」受け身だけでなく発信する側へ立つことで、

人に求められる喜びや頼られる嬉しさを学べるサイクルを作り、

「いつか自分も」という身近な目標を自然に持てる環境を提供していきます。

 

「FIND TOUR in Singapore」

■概要
多民族国家であり、子どもやお年寄りに優しいシンガポールは、

今回の取り組みのきっかけとなった国です。

短期ではありますが、この国で人の違いを越えて生活することを体感し、

買い物や探検を親子で体験することで日本にはない学びが得られると思っています。

また自分のことを誰も知らない土地で親子で協力することで、

自分を解放し親子の絆を深めることもできるでしょう。

外国を体験するいい機会になるでしょう。

■スケジュール
2018年12月:募集開始
2019年1月:保護者説明会、事前学習
2019年2月:ツアー実施

■募集人数
親子5〜10組(10〜20名)

■日数
6泊7日

■参加費用
親子で20〜25万円(予定)

 

「FIND TOUR in Japan Yamanashi​」

■概要
現在、富士を望める山梨県北杜市の農業ファームと企画を進めています。

日本が誇る富士の山と広大な自然の中で、

動物や野菜と触れながら親子で収穫や販売の体験をすることで都会では得られない感動と、

おいしいものをおいしくいただく喜びから心の解放を促し、

親子の絆を強いものにしたいと思います。

また、虫博士との企画やオリエンテーリングも山梨の人たちと一緒に考えています。

農業というものを学ぶきっかけになるかもしれません。

■スケジュール
2018年8月:募集開始
2019年9月:保護者説明会、事前学習
2019年10月もしくは11月:ツアー実施

■募集人数
親子10〜15組(20〜30名)

■日数
2泊3日

■参加費用
親子で8〜10万円(予定)

「Find Meeting」

■概要
現在、九州・佐賀の大学生と発達障がいと向き合う子どもたちと様々なプログラムを企画しています。

おいしく食べられる理科実験、ハンドクラフトとネットショップ体験、

プログラミングでゲームをつくろう など……

大学生に関わってもらうことで「発達障がい」というものの理解を得る活動ともなります。

子どもたちにとっても大人よりも身近な存在との交流を持つことで近い憧れも抱けるかもしれません。

■スケジュール
2018年8月:佐賀大学にて「スライム」を使った理化学実験教室を開催
2019年11月:大阪にて「料理の科学教室」開催

■募集人数
子ども30名

■日数
1日

■参加費用
子ども1500円

「ありのまま」を見つけ、「自分を好きに」なってもらいたい。

今回のプロジェクトは、「親子」で行うことを大切にし、

家事も仕事も勉強も全てから離れた時間を設け、子どもの成長にのみ目を向けます。

 

そうすることで、

我が子の新たな部分を発見し、プログラムを共に楽しみ、

その中での成功体験に繋がるものを共に喜ぶことで親子関係にも良いアプローチができると思います。

そして、顔を上げて先を見れる力を親と一緒に得られるものにするのが目標です。

 

まずは、「自分を好きになること」。
自己否定に入る前に

「人と違っていてもいい、あなたは沢山の人から愛されてる、だから自分を好きになろう」

というメッセージを受け取ってほしいと思っています。

 

発達障がいと向き合う子どもたちは、自己否定を重ねがちだからこそ、

周りの人間に認められ必要とされていることを実感する機会が必要です。

褒めるところを探すのではなく、

ありのままの中から素直に素敵だと思うところを伝えてあげることが重要だと思っています。

 

まずは今回のプロジェクトを実現させ、

「Find Tour in Japan」「Find Tour in Singapore」は年に2〜3回、

「FindMeeting」は月に1回ペースで進めることができるよう、

皆さまのお力によりスタートラインに立たせてください。

ご支援宜しくお願いいたします!

私たちがプロジェクトメンバーです。

□井本麻衣子
FASTAS・代表。

発達障がいという凸凹の特性を我が子と海外で過ごした経験を基に、

「きっと子どもたちにとってプラスになる、マイナスなことはない」

そう信じてこのプロジェクトの実施に向けて動いています。

□岩元希興
FASTAS・補佐であり、現役大学生。

代表である井本の考えに大きく共感し、

発達障がいの子どもに学業以外での達成感や居場所を提供できればと思い活動に参加を決めました。

アフリカのセネガルで過ごした小学校低学年時代の経験もこのプロジェクトを支える大きな力になると、

力強く実現へ向けて活動しようと思っています。

資金使途について

FASTASが企画するこのツアーにかかる費用は高額になります。

私たちの力ではどうしても実現に向けて資金面で工面することが難しいため、

皆さまの温かいご支援により、以下に充てさせていただければと存じます。

「FIND TOUR in Singapore」補助費:400,000円
「FIND TOUR in Japan Yamanashi 」補助費:200,000円
「Find Meeting」補助費:100,000円
計700,000円

 

プロジェクトページはこちらから。→https://readyfor.jp/projects/fastas-findtour