【ニュース】パルコが若手クリエーター支援 クラウドファンディング利用は流通大手で初(2015.1.17)

1(3)

 

【この記事の要約】

 
1.ショッピングセンター事業者パルコが若手クリエーターを支援する「BOOSTER(ブースター)」をオープン。資金調達の対価に商品やサービスを提供する購入型のサービス。

 
2.今までは、中小・ベンチャー企業・個人の資金調達手段という側面が強かったが、専門の仲介サイトが複数登場することで、自治体や政治家なども活用し始めて注目度が増してきた。

 
3.「BOOSTER(ブースター)」では若手クリエーターの発掘・育成に力を入れており、クリエーター側・出資者側にとっても大手のパルコがバックにつくことで不安要素が少ないといったメリットがある。

 
4.日本のクラウドファウンディング市場は100億程の規模しかない為、振り込め詐欺などの「特殊詐欺」の舞台装置として悪用される可能性もあることにも注意したい。

 

知名度が高い事業者がバックにつくことで益々クラウドファウンディングの認知度が上がっていくことは間違いないだろう。

 
引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.