【ニュース】金融法改正 ~ クラウドファンディングに関して~  (2015.1.14)

a0002_000254

 

【この記事の要約】

 

1. 新規・成長企業へのマネー供給を促し、投資型クラウドファンディングの利用促進・新たな非上場株式の取引制度・新規上場に伴う負担軽減などを目的に2014年5月23日に国会で改正金商法が成立。

 
2. 企業側のメリットは、資金の集め易さ・中小企業にとって資金調達の選択肢拡大。
デメリットは、企業としての重要な意思決定や決算情報などを報告する点に注意する必要がある。
投資家側のメリットとしては、企業を資金面においてサポート・成長した際に配当やキャピタルゲインを得る可能性有り。
デメリットは、投資家が損失を被るリスクが高いことである。

 
3. 投資型クラウドファンディングを運用するにあたり、規制緩和による悪質業者や詐欺グループが横行・経済的価値の把握の困難性から、一般消費者に不測の損害が与える可能性が生まれる。
電話や対面による勧誘の禁止・金融商品取引業者としての専門性の確保・ウェブサイトで提供する情報の適切な確認・調査の体制・システム管理体制・業態の特性に応じた登録要件の整備といった制度の整備が大きな課題となる。

 

今まであまり選択されなかった投資型クラウドファンディングにとって、今回の改正法は利用促進に大きくつながるのではないだろうか。

緩和に伴った問題点ばかりに捕われず、多くの資金提供を望んでいる方たちの力になってくれることを願う。

 

引用元 はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.