【ニュース】2015年「クラウドファンディング界」注目の動き5選 ~④「投資型クラウドファンディング」の勃興~

MAX87_senjyutuwominaosu20140531500-thumb-1006x700-4958

 

この記事の要約

 
1. 世界のクラウドファンディング市場で最も高いシェアを獲得しているのは「融資型クラウドファンディング」であり、2013年度は市場全体の41%を占める。

 

2. 銀行預金の低金利慢性化や個人資産に手が伸ばせない株式相場などの課題を抱える日本は、新しい資産運用方法として融資型クラウドファンディングを後押しするにはもってこいの条件を備えている。

 
3. 非上場企業の株式売買サービス「Crowd Equity」を運営する日本クラウド証券は、投資家観点で課題やリスクをクリアし、株式型クラウドファンディング機能の提供を目指している。

 

法的な側面でのハードルは高いが、2015年以降広がりを見せる投資型クラウドファンディング市場において、新しいプラットフォームが生まれることに期待したい。

 

引用元はこちら。

2015年「クラウドファンディング界」注目の動き5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.